• ホーム > まとめ > 座右の銘として使用できる!面接で使えるゴルフの名言集

image01

image01

座右の銘として使用できる!面接で使えるゴルフの名言集

自分が納得するまで何度も繰り返していると、自分の座右の銘を聞かれることって多いことに気付くと思います。自分の信念を表している言葉をそのまま面接官に伝えるのがベストですが、座右の銘なんてない…。という方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに誰にでも親しみやすく、かつ自分の気持ちも伝えられるゴルフの名言を紹介していきます。

2015-11-28 09:43:26

ミスを一つ一つ減らしていく

image02

出典:Official PGA TOUR Profile

競争相手を忘れろ。常にパーに向かってプレーしろ

座右の銘データベース

年間で11勝をあげるなど、偉大な功績を残したアメリカのゴルフ選手サム・スニードはこの言葉を残しています。誰かと競争するのではなく、自分自身と見つめあうことが大切という意味がこめられており、それは人生についても同じです。誰かと比べて焦ってしまうこともありますが、自分が戦っているのは自分だという信念をこの言葉を通して伝えることができます。

途中であきらめないこと

image03

出典:Old Tom Morris

届かなければ、入らない

仕事・人生に効くゴルフの格言 selected by 総政ゴルフ部

スコットランド出身のゴルフ選手のトム・モリスはこの言葉を残しています。どんなに頑張っていても、ゴールにたどり着かなければ目標は達成できません。どんな困難なことでも途中であきらめず、目標を達成するためにゴールまで突き進むという自分の信念をこの名言を通して伝えることができます。

逆境こそ自分のチャンス

image04

出典:ParOn.(パーオン)

悪条件を言い訳にするのではなく、その日のテーマにする

5番ホール ゴルフ名言拾い読み「中部銀次郎」

1900年代中旬ころに日本で活躍したゴルファー中部銀次郎はこの言葉を残しています。寝不足や雨の日などの悪条件を糧にしてゴルフの上達を目指すという意味でこの言葉を残しました。自分が今置かれている状況が悪くても、それを糧にして自分はさらに成長できるという、やる気を面接官に伝えられます。

基礎がないものはすぐに崩れる

image05

出典:トーナメントの歴史

多くの初心者は、ゴルフ・スイングの基本を理解する前にスコアをつけようとする。これは歩くことが出来る前に走ろうとするようなものだ

マーク金井がプロデュースする上達を目指すゴルファーのための情報サイト

アメリカで活躍した選手ジーン・サラゼンはこの言葉を残しています。基礎が一番大切で、大きなことを成し遂げるために努力していくという気持ちを伝えられます。

ゴルフの名言を座右の銘とすることで面接官との会話も弾みやすくなるので、自己PRの際は今回紹介した名言をつかってみては?

記事一覧へ

この記事を書いた人

ステルス

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る