• ホーム > まとめ > 「仕事をやめたい」そんなときに思い出したいゴルフの名言

image01

image01

「仕事をやめたい」そんなときに思い出したいゴルフの名言

毎日毎日同じことの繰り返し。怒られてミスをして落ち込んで、それでも仕事に行かなければいけない…。本当に嫌になってしまいますよね。働いていれば嫌なことはたくさんあると思いますが、それが重なって、やめたいと思ってしまうことってありませんか?今回はそんな方に、くじけそうになってしまったその時に自分を元気づけるためにも思い出したいゴルフ選手が言った名言を紹介していきます。

2015-11-24 20:36:21

ゴルフ版「石の上にも三年」

image02

出典:CINEMA TOPICS ONLINE

ゴルフは素敵なゲームだ。自分がうまくプレイできないことを悟るのに、40年近くかかってしまった。

ナッ得リック

1900年代初期に活躍したイギリスの選手・テッドレイはこの言葉を残しています。彼は全英オープンで優勝した経験を持ち、長年名選手として活躍した一人でしたが、40年間続けて初めて自分が上手くできていない、ということに気付いたと言います。「石の上にも三年」と言いますが、嫌と思えることも続けることで見えてきます。

余裕を持つために経験を積むこと

image03

出典:ParOn.(パーオン)

スコアは、ミスショットの積み重ねです

5番ホール ゴルフ名言拾い読み「中部銀次郎」

1900年代中旬から下旬にかけて活躍した日本人選手、中部銀次郎はこの言葉を残しています。日本だけでなく、アメリカに渡ってゴルフをした経験をもつ彼は、余裕がなくなった時こそ自分の経験に支えられたそうです。ミスをしたり怒られたりして余裕がないときほど、今までの自分に支えられることが多くなります。続けるということにはそれだけ価値があります。

今回はついてなかったと割り切ること

image04

出典:http://www.plus-web.co.jp/cgi-bin/lyout/golfguide.cgi?a=7813

いつか幸運が訪れることを期待して、努力を続け、ボールを打ち続けなさい

名言ナビ

1900年代中旬にイギリスで活躍したボビー・ジョーンズはこの言葉を残しています。全英オープン・全米オープン・全英アマなど、たくさんの大会で優勝を飾ってきた彼ですが、その栄光にたどり着くまでには何度もボールを打ち続けたのではないでしょうか。今回ミスをしたことも、あなたの輝かしい栄光に向けてのボールの一つだったのでは?

今回はダメでも、次回は必ず!

image05

どんなバカでも、二度目のパットは入れることができる

iso.labo

スコットランドの諺にゴルフにかけたものがあります。一度は失敗してくじけてしまった時も、二度目はきっとできるようになります。その失敗はあなたが成長したという証になります。

辛いことや厳しいことはたくさんあり、仕事をやめたいと思ってしまうかもしれませんが、そんな時はゴルフの名言を思い出し、一度ふみとどまって考えてみてはいかがでしょうか。

記事一覧へ

この記事を書いた人

ステルス

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る