thum golfenthousiast

thum golfenthousiast

初心者必見!アイアンでのダフリの3つの直し方

アイアンでのダフリはボールと体の距離が近づくことで起こります。ダフリの原因は様々で、人によって直し方が違います。今回は良くあるダフリの原因に対してのダフリの直し方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

アイアンでのダフリの主な原因

thum golfersaround

ダフリはボールの手前を打ってしまい飛距離がほとんど出ないミスショットです。ダフリはスイング中にボールと体の距離が近づくことで起こります。

ダフリの主な原因は、以下の3点です。
・ダウンスイングの途中で手首がリリースされ、腕が伸びる
・スイング中に視線が上がり、右肩が下がる
・下半身が動き、体とボールの距離が近づく

上記の3つの原因以外にも、使っているアイアンが重すぎるなど様々な原因が考えられます。アイアンのダフリの原因は多様で、人によって異なりますが、アドレス時のボールと体の距離を維持できればダフリは改善できます。

直し方1:手首を固定したままスイングする

thum ohiomsteele

ダウンスイングの早い段階で手首の固定が解除されると、腕が伸びスイング軌道が大きくなり、ダフリます。そのため、インパクト直前まで手首を固定することで、ダフリを直せます。

手首を固定したダウンスイングを身につけるには、腰から腰までのハーフスイングでの練習がお勧めです。フルスイングではダウンスイングの時間が長くなり、手首をリリースするタイミングが身につけ辛いですが、ハーフスイングでの練習なら手首の使い方を意識しやすいです。

直し方2:視線をボールに固定する

thum rollingstonegathersnomoss

アイアンではボールの方向性が重要なため、ターゲット方向に視線がいきがちです。スイング中に視線が上がると、視線と一緒に左肩が上がり、右肩が下がります。右肩が下がることでスイングの最下点がボールの手前に来て、ダフリにつながります。

視線が上がりがちの人は、インパクトまでボールを見る意識を持つことでダフリを直せます。クラブヘッドがボールを捉え、飛ばしきるまで視線をボールから離さず、打ち抜いてから視線をターゲット方向にむけます。視線の固定が身に着くまでは、ゆっくりとしたスイングで練習することをお勧めします。

直し方3:下半身を固定する

thum shells_007

腰や膝が左右に動くと上半身が上下し、ボールと体の距離が変わるためダフリます。体重移動のし過ぎが腰や膝の動き過ぎにつながります。腰や膝を過剰に使わないために、下半身を固定するイメージを持つことでダフリが改善します。

スイング中、「足の裏を地面につけること」と「腰を固定すること」を意識すると、下半身を固定しやすいです。
ダフリはほとんど飛距離が出ないため、確実に1打無駄になるミスショットです。ダフリを直すことで、確実にグリーンに近づけるようになるため、スコアアップを狙えます。

もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1082/

2.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

3.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG アイアン ダフリ 直し方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る