thum gabovargascr

thum gabovargascr

初心者必見!パターを選ぶときの4つのポイント

パッティングは少しの力加減でミスにつながります。パターの選び方次第で、パッティングの精度が変わりスコアに影響します。今回は自分に合ったパターを選ぶためのポイントをまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1:ヘッドの大きさ

thum bombtechgolf

パターのヘッドの大きさは打ちやすさに影響します。ヘッドが大きいパターの方がスウィートスポットが大きいため、ミスショットが出にくいです。またヘッドが大きいとストローク中の余計な動きが抑制され、ボールをまっすぐ転がしやすいです。パターが苦手な人は、ヘッドが大きいパターを選ぶことでミスショットを減らせます。

一方でヘッドが大きいとミスショットが出にくい分、操作性が損なわれます。パッティングに自信があり、細かいボールコントロールができる人は大型ヘッドは避けるべきでしょう。

2:ヘッドの形状

thum valgrine_putter

パターのヘッドの形状は4種類あり、パッティングのスタイルによって最適なパターは異なります。自分のパッティングスタイルに合ったパターを選ぶと、ストレスなくプレーできます。

4種類のパター
・最も代表的な形であるピン型はプロにも愛用者が多く、バランスが良い形状です。

・L字型パターはアイアンと似た形状をしており、操作性が高く、細かいボールコントロールに向いています。

・フェースを正面から見た時にTの形をしているT字型パターは、タップ式のアプローチに適しています。

・大きく奥行があるヘッドが特徴のマレット型は、フェースがぶれにくくボールをまっすぐ転がしやすいです。

3:フェースの硬さ

thum maxkhill

フェース面の硬さはフェースインサートとも呼ばれ、パッティングの距離感に大きく影響します。フェース面が硬いとボールを弾くため小さなストロークでもよく転がります。逆にフェース面が柔らかいとインパクトの衝撃を吸収するため、転がり過ぎないパターになります。

パッティングで強く打ち過ぎがちな人は柔らかめのフェースを、逆に距離が足りないことが多い人は硬めのフェースを選ぶことでミスショットを減らせます。またショートパットが苦手な人は柔らかめのフェースを使うことで、打ち過ぎの恐怖感が減り、パットが入りやすくなります。

4:重さ

thum jenjacob1942

パターが軽すぎるとストロークが安定せず、重すぎるとボールのコントロールが難しいです。

重いパターの方がインパクトの衝突力が大きいため、小さく振ってもボールを良く転がせますが、ストローク中の動きが抑制されるため細かい操作がしにくいです。ボールをまっすぐ転がしたいという人は重めのパターを使うことをお勧めします。一方で、細かいフィーリングを重視する人はやや軽めのパターを選ぶことで、操作性の高いパッティングができます。

パッティングは少しの力加減でミスにつながります。パターの選び方次第で、パッティングの精度が変わりスコアに影響するため、パターは自分に合ったものを慎重に選びましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!パターの4つの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/221/

2.「徹底比較!パターの「ピン型」と「マレット型」の違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1110/

3.「重い方が良い?パターの重さとストローク安定の関係」
http://golf-plus.jp/articles/detail/975/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 道具 パター 選び方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る