thum teamnicebirdie

thum teamnicebirdie

初心者必見!ゴルフのグローブ選びの3ポイント

グローブを選ぶ基準が分からず悩んだ人もいるのでは?グローブはゴルフに必須であり、飛距離を左右する重要な道具です。今回はゴルフのグローブを選ぶ際のポイントをまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフのグローブの基礎知識

thum satoshiriyama

ゴルフのグローブは、ゴルフクラブが滑るのを防ぎ、手にかかる負担を軽減します。右打ちの人は左手に、左打ちの人は右手にグローブをするのが一般的です。女性の場合手を守るため両手にグローブをする人もいます。

自分に合っていないグローブをしてスイングをするとヘッドスピードが落ち、飛距離が落ちます。そのため、自分に合ったサイズや素材のグローブを選ぶことが重要です。

ゴルフのグローブには天然皮革で出来ているグローブと、人工・合成皮革で出来ているグローブの2種類があります。一般的に天然皮革製のグローブの方が高価で、人工・合成皮革製のグローブは比較的安価です。

1:グリップ力

thum koyamax0717

グリップ力はゴルフクラブの握りやすさに影響します。あまり力を入れずに握っても、ゴルフクラブが抜けおちないグローブを選びます。グリップ力のあるグローブを使うことで、スイングの際ヘッドスピードを落とさずに済みます。

天然皮革のグローブの方が、グリップ力が強いですが、人工皮革のグローブの中には部分的に天然皮革を用いることでグリップ力を高めたグローブもあります。グローブをしてゴルフクラブを軽く振ってみてから、グローブを選びましょう。

2:フィット感

thum teamnicebirdie

肌とグローブの隙間を感じさせない手にフィットするグローブを使うと、素手でゴルフクラブを握っているような一体感を持ってスイングできます。手にフィットするグローブを使えば、スイング中のクラブコントロールをしやすく、ボールの細やかなコントロールが可能です。

天然皮革のグローブは、肌に吸いつき使っているうちに馴染むため高いフィット感を得られますが、買い直した際に同じ感覚を得づらいです。一方、人工皮革のグローブは天然皮革製に比べフィット感は劣りますが、素材の均一性が高いので買い替えても同じ感覚を得られます。

フィット感を得るには、素材だけでなく、サイズ感も重要になります。やや小さいくらいのサイズを選ぶことで、フィット感が得られます。

3:耐久性

thum mananadeg

耐久性が高いグローブは、長期間にわたって使用できるため経済的です。また頻繁にグローブを変えると、毎回使い心地が違ったりしスイングに影響がでる恐れがあります。

天然皮革はグリップ性やフィット感では人工皮革より優れますが、耐久性では劣ります。天然皮革製のグローブは水や汗に弱いため、ラウンド後に陰干しする必要があるなど、メンテナンスに気を使います。一方で人工皮革製グローブの中には洗濯機で洗えるモデルもあり、メンテナンスが非常に楽です。

グローブは、ゴルフをするにあたって必須のアイテムであり、間違ったものを選べば飛距離に影響するほどに重要です。今回の記事を参考にグローブ選びを慎重に行ってみてはいかがでしょうか?

▼ 以下のページもおすすめです!!

1.「ゴルフウェアで人気のおしゃれなコーディネート5選」
http://golf-plus.jp/articles/detail/183/

2.「どれがおすすめ?ゴルフ用のボストンバッグとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/206/

3.「あると便利!ゴルフで使用するクラブケースとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/218/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 道具 グローブ 選び方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る