thum cjcmjr

thum cjcmjr

初心者必見!アイアンでダフリになる3つの原因

アイアンのダフリの原因は様々です。人によって異なるので、自分がどんな理由でダフっているのか知ることがスイングの改善には重要です。今回はアイアンのダフリの原因をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ダフリのメカニズム

thum robbytaslim

ダフリはボールの手前を打ってしまい飛距離がほとんど出ないミスショットです。ボールの上部を打ってしまう「トップ」とは異なり、インパクト時のボールと体の距離がアドレス時より近くなることで起こります。

ダフリの原因は手首のリリースが早い、頭や膝が沈んでいるなど様々です。人によって異なるため、自分がどんな理由でダフっているのかを知ることが、スイング改善の第1歩につながります。まずは練習場で動画を取ったり、他の人にスイングを見てもらうなどしてダフリの原因を特定しましょう。

原因1:手首のリリースが早い

thum tidy_golfer

ダウンスイングの早い段階で手首をリリースすると、腕が伸びスイング軌道が大きくなってしまい、ダフリにつながります。

正しいアイアンのスイングでは、ダウンスイングで手首を固定し溜めを作り、インパクトに合わせて手首をリリースします。手首のリリースが早いと自然とクラブヘッドがボールの手前に落ちます。手元で無理やりボールを捕らえようとすると、他のミスショットにつながるので、正しい手首の使い方を身につけるのをお勧めします。

原因2:視線が上がってしまう

thum ray_fitz96

ショートアイアンでは、視線が上がることでダフってしまう人が多いです。スイング中に視線が上がると、視線と一緒に左肩が上がってしまい、右肩が落ちます。右肩が落ちることでスイングの最下点が下がり、ダフリにつながります。

ショートアイアンは、ロングアイアンやドライバーと異なりボールの飛距離よりコントロールを重視するため、ターゲット方向が気になり視線を上げがちです。インパクトまで視線を上げず、ボールを見る意識が重要です。ダフらないようにと上体を上げるとトップになり悪循環なので、視線を固定する練習をお勧めします。

原因3:使っているアイアンが重すぎる

thum haha_mk

使っているアイアンの重さが自分に合っていない場合、ラウンドの後半になるにつれてダフリが多くなります。アイアンが重すぎる場合ラウンドが後半になるにつれて腕が疲れてしまい、スイング軌道がブレて、ダフリなどミスショットにつながります。

ラウンド後半や、練習で打数が多くなったときにダフリが多くなる人はゴルフクラブの見直しをお勧めします。ゴルフクラブはレンタルが可能です。自分に合ったアイアンを探すためにゴルフクラブのレンタルサイトを活用してみてはいかがでしょうか?

ダフリの改善は原因の解明が第1歩です。今回の記事を参考にして、ダフリの原因を突き止めましょう!


アイアンでダフリになる3つの原因について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スコアアップをねらえ!ゴルフのダフリの4つの直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/231/

2.「これでは飛ばない!?アイアンのスイングで気をつけたい4つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/310/

3.「初心者必見!ゴルフのスイングの1つ「ダウンスイング」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/331/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る