thum icecubeputter

thum icecubeputter

重い方が良い?パターの重さとストローク安定の関係

パターの重さはパッティングを左右します。自分のストロークスタイルに合った重さのパターを使うことで、距離と方向のコントロールが容易になります。今回はパターの重さとストロークの安定についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

軽すぎるとストロークが安定しない

thum gabovargascr

重めのパターを使うとストロークが安定し、ミスショットが減ります。重めのパターはストローク中の余計な動きを抑制するため、ストローク中にフェースがぶれず、ボールをまっすぐ転がせます。パターが軽すぎるとストローク中に自由に動かせるため、フェースがぶれやすく、ミスにつながります。

ストロークが安定しない人は、重めのパターに買い替えるか、パターのソール部分に鉛を張り重さを調節することでストロークが改善されます。

パターの重さでボールの転がり方が変わる

thum jetsettergolf

またパターの重さはインパクトの衝突力を左右します。重めのパターはボールの転がりが良く、逆に軽いパターは転がりが悪いです。そのため重めのパターを使うと、小さな動きでボールを遠くまで転がせます。

軽いパターだと距離感を出すために、自分でストロークの強さを調節する必要があります。細かい調節はしやすいですが、その分ミスもしやすいです。

重めのパターを使えば、ゆっくりとしたストロークでも十分な距離を出せるため、パッティングが苦手な人でも距離のコントロールがしやすく、ミスしにくいです。

ストロークのタイプによってベストな重さは異なる

thum melbournegolfclub

パッティングの仕方には大きく分けると、手首のスナップでボールを打つタップ式と、手首を固定し肩から先を動かして打つストローク式の2種類があります。さらに、ストローク式の中でも目標方向に対してまっすぐ動かすストレート型と半円を描くように打つアーク型に分かれます。

タップ式はインパクトが強くなりがちなので、タップ式で打つ人には、オーバーにならないように軽めのパターがお勧めです。ストローク式で打つ人は、重めのパターがお勧めです。

最近のパターは重め?

thum maxkhill

パターの重さは年々重くなっている傾向があります。これは、グリーンの質が良くなりボールが転がりやすくなった影響です。

以前はグリーンの質が悪くボールが転がらなかったため、ゴルファーの多くがタップ式でパッティングしていました。しかし、グリーンの質が良くなるにつれて、ストローク式で打つゴルファーが増え、それに伴い重めのパターが普及しました。

パッティングはプレーの3分の1以上を占める重要な要素です。パターの重さはパッティングの成否を左右するため、今回の記事を機に、自分に合ったパターを探してみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!パターを選ぶときの4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/983/

2.「初心者必見!パターの4つの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/221/

3.「徹底比較!パターの「ピン型」と「マレット型」の違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1110/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る