thum gabovargascr

thum gabovargascr

ゴルフのグリップはどのくらいの強さで握るのがベスト?

自分にとってベストな強さでグリップを握られれば、ヘッドスピードが上がり、フェースがまっすぐになるので、飛距離も方向性も高まります。今回はグリップを握る強さについてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

「ゆるく握る」のか「強く握る」のか

thum kenichi.oda

ゴルフにおいてグリップはボールのコントロールと飛距離を左右するため重要です。様々なゴルフ理論でグリップを握る強さについて説明されていますが、「ゆるく握る」ことを勧める理論と「強く握る」ことを勧める理論の両方があるため、混乱している人もいるのではないでしょうか?

グリップを握る強さの基準は「スイング中、常に同じ強さで握っていられる強さ」が前提です。同じ強さで握ることでスイングが安定します。常に同じ力で握られるならゆるく握っても強く握っても問題ありません。

グリップを強く握り過ぎると体全体が強張る

thum vietmeiergolfcenter

グリップを強く握り過ぎると体全体が強張り、スイングの動きが阻害されます。特に初心者はスイングの勢いにゴルフクラブが飛ばされないように強く握りがちです。

体が強張りスイングの動きが阻害されると、スイングの勢いが殺され飛距離が落ちます。またスイングが阻害されると自然な流れでスイングできないため、手打ちになりミスショットにもつながります。「ゆるく握る」というアドバイスは、力が入り過ぎてスイングが崩れている人へのアドバイスです。

左手中指と薬指と小指で握る

thum tstagno

人差し指と親指は県が肩や首まで繋がっているので、力むと腕と肩が強張り、体全体が強張る原因となります。一方で中指と薬指と小指は、肘までの筋肉で動くので力を入れても肩回りの筋肉は強張らずスムーズにスイングできます。

ゆるく握るとスイング中にゴルフクラブが飛びそうになり、どこかで握りなおすため、一定の強さで握れずスイングが乱れます。左手の中指、薬指、小指に力を入れて握ることで体を強張らせずに力を入れられます。

ベストな握る強さでスイングするメリット

thum proputtgolf

自分にとってベストな握る強さを身につけると、ヘッドスピードが上がり、インパクト時にフェースを正面に向けられるので、飛距離が上がりボールのコントロールが上がります。

これまで強く握り過ぎていて、スイング中に体が強張っている人は、力を抜くことでスイングを改善できます。逆にゆるく握り過ぎていて一定の強さで握れていない人は、中指と薬指と小指を意識することで安定したスイングができます。

グリップを握る強さで悩んでいた人は、今回の記事を参考にして、自分にとってベストな強さを探してみてはいかがでしょうか?

グリップを握る時の正しい「強さ」について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフのグリップに種類あり?グリップの種類まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/188/

2.「パターとドライバーでは違う?クラブによって変えるグリップの握り方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/279/

3.「飛距離を伸ばす!ゴルフの手打ちの4つの直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/366/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る