thum viggykeen28

thum viggykeen28

初心者必見!ゴルフのセットアップの正しい順序

セットアップはゴルフクラブを構える一連の流れです。正しいセットアップを身に着けることで、毎回同じ構え、スイングができます。今回はセットアップの正しい手順を解説しました。

2017-02-20 00:00:00

セットアップとは?

thum will_b.will

セットアップはゴルフクラブを構える動作です。似た言葉に「アドレス」がありますが、アドレスはボールの前か後ろにゴルフクラブヘッドを置いた瞬間のことを指します。

セットアップの目的は、インパクト時に近い姿勢ををあらかじめ作っておくことと、ゴルフボールに対する立ち位置を決めることです。ゴルフのスイングは体の捻りを利用して打つため、インパクト時に構えたときの姿勢に近い姿勢に戻ります。

また、ボールの位置によってインパクト時のフェースの向きが変わります。セットアップ時に、ボールに対する立ち位置を吟味することでボールの方向性を定められます。

1:足の位置を決める

thum keijokay

まずボールの後方に立ち、目標とボールとを結ぶ直線上で、ボールより少し先にある特徴的なもの(芝がはげている場所や土の塊など)を目印に定めます。次に目印とボールを結んだ直線の平行線上で、ボールが目の前に来るように立ちます。

ボールの前に立った状態で左足は固定し、右足を動かしてスタンス幅まで広げます。スタンス幅はクラブによって異なり、ドライバーの場合は肩幅くらい、それから番手が小さくなるごとに狭くしていきます。

以上の手順で足の位置を決めることにより、左足かかと線上にボールが位置し、目標方向に対して平行に構えられます。

2:前傾姿勢を作る

thum chelsqueeze_

足の位置が決まったら、前傾姿勢をとります。背筋をまっすぐ伸ばし、股関節から上体を前に倒し、前傾姿勢を作ります。軽く膝を曲げ、お尻を突き出すことを意識することで、上手く前傾姿勢を作れます。構えた際、背骨とゴルフクラブのシャフトが直角に交わる角度が、理想的な前傾角度です。

ゴルフスイングの回転軸は背骨です。前傾姿勢が崩れれば、スイングの回転軸も崩れ、手打ちにつながります。手打ちはスイング軌道がぶれるので、ミスショットにつながります。

3:ゴルフクラブを構える

thum four.golf

前傾姿勢を作ったらゴルフクラブを構え、クラブヘッドのソールを地面につけます。フェースの向きは目標方向に対して直角になるように構え、肩と腕とグリップの力を抜きます。

セットアップでは、立ち位置と前傾姿勢が重要です。正しく構えても間違った方向に向いていればボールは意図した方向に飛びませんし、前傾姿勢ができていなければスイングが崩れます。正しい立ち位置と前傾姿勢が作れれば、自然にゴルフクラブを構えるだけで正しいアドレスができます。

セットアップは一連の流れが重要です。今回の記事を参考にして、セットアップの流れを見につけてみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スタンス1つで球筋は変わる?ゴルフの「クローズドスタンス」とは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1400/

2.「スイングの基本!ゴルフの前傾姿勢の3つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/374/

3.「初心者必見!ゴルフの基本のボールの位置はどこ?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/389/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック セットアップ 順序
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る