thum yuwiitribbiani

thum yuwiitribbiani

ゴルフのしゃくり(あおり)打ちの原因と2つの直し方

ボールが高く上がり過ぎてしまった時などに「あおり打ち」気味でボールを打っている、なんてことを言われたこと、ありませんか?すくい打ち、あおり打ち、しゃくり打ちなどと呼ばれる、スイング中にヘッドが下から上へと通過するスイングはキャスティングと呼ばれ、トップなどのミスに繋がります。今回はあおり打ちの原因や修正方法について解説します。

2017-02-20 00:00:00

しゃくり打ちの原因~アドレス

thum westbygod_mike

振り上げようとしているわけではないのに、あおり打ちになっている!すくおうとしていないのにすくい打ちになっている!なんて言われたら心の中では上げようと思ってないよ!すくおうと思ってないよ!と言いたくなってしまいます。TVや雑誌などのゴルフ講座などでも初心者はボールを上げようとして・・・なんて言われることがありますが、本当は誰も上げようとはしていないんですね。

では、なぜしゃくり打ち、またはすくい打ちといった状態になってしまうのか。

一番の原因はアドレスにあります。ゴルフはアドレスに始まってアドレスに終わると言われるほどアドレスが多くの鍵を握っているスポーツです。したがって、しゃくり打ちやすくい打ちでクラブを振っている場合は、まずはアドレスを見直してみましょう。

しゃくり打ち気味の人のアドレスは、体がボールに近づき過ぎてしまっていることが多いです。また、ボールをひっぱたくように打とうとする人は必要以上に右手に力が入り、ダウンスイングで右肩が下がってしまうため、。右サイドに体重が残った状態でフィニッシュを迎えるため、結果的にボールをすくい上げるスイングとなってしまいます。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

しゃくり打ちの原因~グリップ

thum hannagroups

あおり打ちの原因をアドレスに求めることができたように、しゃくり打ちの原因はグリップに求めることができます。

アドレス同様に、ゴルフの出発点となるのがグリップですから、しっかりと基本を押さえておく必要があります。しかしながら、アマチュアゴルファーのほとんどは正しいグリップを身に付けられてられていないのが現状です。特に日本では、書籍などでもグリップを重視して教えているものが少なく、比較的軽視されやすい傾向にあります。

しゃくり打ちになってしまう人の多くは、右手よりも左手が使いやすくなるフックグリップでクラブを握っていることがほとんどです。フックグリップは左手の力を抑え、なるべく左手に力を入れたい場合に選択する握り方の一つですから、フックグリップでクラブを握っている方は、左手でグリップをギュッと握り、クラブをなかなか上から下に振り下ろすように振れない状態、つまりは「しゃくり打ち」しやすい状態でクラブを振っているということになるのです。

なお、フックグリップは左手をグリップした時になるべく手袋の「バックル」が見えなくなるように握り、右手は横からそっとあてがうように握るこができると、より右手にしっかり力が入る、正しいグリップ(ウィークグリップ)でクラブを握れるようになります。

ダウンスイングで右肩が下がらないための打ち方

thum hannahdaviesgolf

どうしても右肩が下がり、ダウンスイングであおり打ちになってしまう場合はダウンスイングの際に膝がボールが飛ぶ方向に大きく流れてしまっていないか見直してみましょう。インパクトする前に左膝が流れてしまうと、左肩が必要以上に上がってしまい、右肩は大きく下がってしまいがちとなります。右肩を下げない様にするためには、まずダウンスイングで左膝が流れていないかをきちんと、チェックしてみましょう。膝の流れを抑制するためには、簡単なドリルを試してみることをおすすめします。両膝の間に小さめのボールを挟み、両膝の間隔を保ったままキープしてスイングする練習を繰り返すと「左膝の流れ」を防ぐことが出来ます。このドリルに取り組む場合は、ボールを挟んだ状態での素振りを何度も繰り返し、練習しましょう。

その他、どうしてもあおり打ちを修正できない方は、体重移動をチェックすることも大切です。しゃくり上げでクラブを振る傾向がある人は、右から左への体重移動がうまく出来ずに右足に体重が残ってしまっている傾向があります。左足にしっかり体重を移して(乗せて)ボールを打るようになると「下」からではなく、「上」からクラブヘッドを下すという感覚を身に付けることができます。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る