thum fairwaysindoorgol

thum fairwaysindoorgol

安いゴルフボールと高いゴルフボールはどう違うの?

ゴルフボールの値段差が気になる人もいるのでは?ゴルフボールには一定の規格があり、各メーカーは規格内でゴルフボールの性能を高める努力をしています。今回はゴルフボールの値段差についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフボールの規格

thum maxfli_golf

ゴルフボールの規格は、イギリスのR&A(全英ゴルフ協会)とアメリカのUSGA(全米ゴルフ協会)が発行した規則によって定められています。当然ですが、販売されているボールも値段に関わらず規格内の性能です。

ボールの重さは「45.93g以下」、サイズは「直径42.68mm以上」で、初速は「76.2m/sの+2%以下」と定められています。加えて飛距離は一定条件、一定器具を用いて320ヤード以下、打点位置による飛び方の差が一定以内であるなど複雑な規格があります。


「安いボール」と「高いボール」値段が違うのはなぜ?

thum grevernesgolfshop

素材や構造と製法が異なるため、同じ規格であっても、ボールに値段差が生まれます。ゴルフボールは複数のパーツで作られています。安いゴルフボールは外側の硬い部分とコアの部分の2パーツで作られており、シンプルな構造です。値段が高いほどパーツが増え、複雑な構造になります。製造過程での工数が増えることで、製造コストがかさむため、値段差が生まれます。

構造が違うと「スピンのかかりやすさ」や「ボールの飛び方」などにボールごとの特徴が出ますが、値段が高いほど飛距離が伸びるわけではありません。

高いボールの方がミスに強い

thum brett_lyons

実は、ゴルフクラブの真芯でボールを捉えたときの飛距離は、高いボールと安いボールでほとんど同じです。しかし、高いボールは芯を外したショットでも遠くに飛ばしやすいです。そのため、ボールをうまく捉えられえない初心者でも、高いボールを使えば飛距離を伸ばせます。

また高いボールの中にはスピンをかけやすいものがあります。安いボールが「安くても遠くに飛ぶゴルフボール」を目指すのに対し、スピンをかけやすい高いボールは「長いクラブでスピンせず、短いクラブでスピンしやすい」というゴルフボールを目指しており、ティーショットでもアプローチショットでも有利にプレーできます。

高性能のボールを安く買うには?

thum gcubphoto

高いボールはミスショットに強く、様々な状況に対応しやすいです。しかしゴルフボールはプレー中に失くしたりしがちで、高いボールを使うとコストがかかります。そこで最新モデルの1つ前のモデルのゴルフボールを狙うことで、高性能のボールを安く買えます。

近年、ゴルフボールの研究開発のスピードは速まっており、値下げされた古いモデルのボールでも、ある程度の性能を期待できます。高性能のボールを使いたいけれどコストが気になる場合は、古いモデルのゴルフボールを探してみてはいかがでしょうか?

ゴルフボールの違いについてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンで
先生に聞いてみよう!

レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「安いゴルフボールと高いゴルフボールはどう違うの?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/964/

2.「ゴルフ初心者は知っておきたい!ゴルフボールの価格の相場まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/169/

3.「上達しやすいボール選び編Part2」
http://golf-plus.jp/articles/detail/370/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフボール 道具 値段
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る