thum cdr_glock

thum cdr_glock

初心者必見!右手人差し指の正しい使い方

インパクト時にフェースがどの方向を向いているかでボールが飛び出す方向や弾道は変わってきます。ゴルフは主に「左手」を方向を定める舵取りとして使い、右手をフェース面のコントロールに使って軌道に変化を加えます。今回は右手人差し指の正しい使い方についてまとめてみました。

2016-02-17 10:19:10

ゴルフは左手だけじゃない!時には、右手も使いましょう!

thum champspikes1931

ゴルフスイングでは左手のグリップこそが、フェースの向きを変えたり、スイング軌道をコントロールするために重要な役割を果たします。また、右利きのゴルファーの場合、利き手である右手のグリップは力を入れ過ぎるとスイング軌道が「アウトサイドイン」になってしまいやすいため、なるだけ力が入らないよう、抑え気味にグリップを握る必要があります。

スリークウォーターショットやフルショットなど、振り幅が大きいショットは左手だけでもある程度はフェースの向きをコントロールできます。また、ボールの軌道も自由にコントロールすることが可能です。(ただ、曲がり幅が大きいボールを打つのは難しいです。)

アプローチショットやハーフショットなど、振り幅が小さいショットで軌道やフェース面をコントロールするためには、どうしても右手や右手の人差し指の力を使ってクラブを振らなければ、思い通りに球筋をコントロールできないでしょう。

右手のグリップは人差し指はカギ型に曲げるのが基本

thum rhij7xx

右手を使ってクラブを振る際に、気を付けなければならないことは、右手全体に力が入り過ぎないようにすることです。人差し指と親指はくっつけ、拳銃の引き金を引くような「カギ型」のグリップを意識しましょう。

また、右手と左手のグリップに一体感と力の統一感を持たせるために両方の手をくっつけた状態で握ることが大切です。左右の手のグリップに少しでも隙間があると、スイング中に両腕がバラバラに動いてしまい、右手に余計な力が入ってしまいます。(なお、人差し指と中指の距離が離れ、銃の引き金を引くような指の形のグリップは「トリガーグリップ」と呼ばれることもあります。)

アドレスからバックスイングまで

thum mactds

ここからは、スイング中に右手をどのように使っていけばよいのか、具体的な方法について説明していきます。

アドレスからバックスイングまでは、右手人差し指の使い方が重要ですが、それ以上に親指の「腹」で地面下を押さえつけるようにクラブを握らないことが大切です。

振り始めは、親指と人差し指で「はさみこむ」ようにして握ったグリップを2本の指でつまみ上げるようにしてクラブを振り上げます。

ドライバーやフェアウェイウッドなど、長いクラブを振る時は2本の指で最低限、クラブを支えられるくらいの力の入れ具合が望ましいですが、アイアンやウェッジなどの短いクラブを握る時は、少し強めにつまみ上げるぐらいがちょうど良いでしょう。

ただ、練習場などでボールを打つ際など、長時間クラブを握っていると、どうしても2本の指の付け根(V字型の部分)に無駄な力が入ってくることがあります。そこで、時にはグリップを開放し、両手を休めながら打つ事も大切です。

なお、テークバックでは、右手人差し指と親指の2本でクラブヘッドの「重さ」を少し感じられるくらいが丁度よい力の入れ具合となります。

ダウンスイングからフォローまで

thum jimmywaston

ダウンスイングでは、インパクトで右手人差し指をターゲット方向に少し押し込むようなイメージでクラブを振りましょう。この時の親指と右手の人差し指は、グリップを挟んでいる2本の指の間の隙間が空かないよう、少し締め気味に握るとフェース面がぶれにくく、ボールがまっすぐ飛びやすくなります。

この時点での注意点はたった1つ。インパクト時に右手人差し指が離れてしまわないように意識することです。インパクト時に右手人差し指が少しでも離れてしまうと、フェースが左方向を向いた状態でボールに当たりやすく、思ったよりもボールが左に飛び出す、いわゆるひっかけ球が出やすくなってしまいます。(アプローチは特に要注意です。)

【なぜ、カギ型のグリップじゃなきゃだめなの!?】

右手人差し指を少し折り曲げて、親指の腹が反り返るようにして握る、いわゆるカギ型のグリップは、その形が最も右手の力を抑える効果があるからです。

右手の握り方で最もやってはいけない事の1つが、手のひらでグリップを鷲掴みするような「グー」状態で握るグリップです。右利きゴルファーの場合、クラブを鷲掴みグリップで握ってしまうと、本来は強い力が加わっていなければならない左手のグリップに力が入らず、右手に必要以上の強い力が加わってしまいます。

右手に強い力が加わるとスイング軌道は「アウトサイドイン」軌道となり、スライスやボールが高く上がらない原因となります。もし自分のグリップが右手に少し力が入り過ぎているグリップだと思う際は、早めに矯正しましょう。

右手人差し指の正しい使い方について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのヒンジングってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1077/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る