thum jayhowarthgolf

thum jayhowarthgolf

左手の親指の位置は?ゴルフのロングサムとショートサムの違い

ゴルフのスイングにおいて、左手の親指の使い方は重要で、飛距離やボールの方向性に影響します。今回は左手の親指の伸ばし方である「ロングサム」と「ショートサム」について比較しました。

2017-02-20 00:00:00

ロングサムとショートサムって何?

thum jbherie

ゴルフのグリップでは、左手の親指の使い方によって、握りやすさやフェース(ゴルフクラブのボールを捉える面)の向きなどが変わり、飛距離やボールの方向性が変わります。

「サム」は親指のことを指します。「ロングサム」は左手親指を伸ばした状態、「ショートサム」は左手親指を縮めた状態でグリップすることです。

ロングサムでは、左手親指を伸ばし、親指全体でシャフトを抑えます。ショートサムでは、左手親指を縮め、親指の第1関節より上の部分でシャフトを抑えます。

ロングサムの特徴

thum kenichi.oda

ロングサムでは、アドレスで構えた時に手元の位置が下がる「ハンドダウン」になりがちです。ハンドダウンになると、体の動きが制限され、ゴルフクラブの操作性が下がります。

ロングサムで握り、ゴルフクラブの操作性が下がると細かい調整はできませんが、スイング中の余計な動きを抑制できます。余計な動きがなくなることで、フェースがぶれにくくなり、スライスなどのミスショットの改善につながります。

またロングサムの方が手首を使いやすいため、飛距離を出しやすいです。飛ばし屋として有名だったジャンボ尾崎選手もロングサムでした。

ショートサムの特徴

thum blackgirlsgolf

ショートサムは、左手の親指と人差し指と中指でグリップを摘むように持てるため、グリップとの一体感を得やすくグリップの操作性を高めます。またロングサムと比べ親指に力を入れやすいため、グリップしやすく、スイング中に手元が緩みにくいです。

一方ショートサムでは操作性が優れる分、ゴルフクラブが余計な動きをしがちです。構えた時に手元が上に上がる「ハンドアップ」にもなりがちで、スイング中フェースが開きやすく、スライスにつながります。

結局どちらが良いの?

thum attitudechic

一般的にはショートサムでプレーするゴルファーが多く、ショートサムを勧めるゴルフ理論も多くあります。しかし、ロングサム、ショートサムどちらも一長一短あり、人によってお勧めできる握り方が異なります。スライスが出がちな人や飛距離を伸ばしたい人には「ロングサム」が、方向性を重視する人や腕力に自信がない人には「ショートサム」がお勧めです。

左手の使い方はゴルフのスイングを決定づける大きな要素です。伸び悩んでいる人は、左手の親指の使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

ロングサムとショートサムの違いのついて
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「左腕の使い方がポイント!安定したゴルフスイングを確立する方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1184/

2.「真っ直ぐ低めの球で攻めたい!ゴルフのハンドファーストとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1404/

3.「ボールが真っ直ぐ転がり出すゴルフの「逆ハンドグリップ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1419/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック ロングサム ショートサム
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る