thum cartbarnguys

thum cartbarnguys

ゴルフは体幹が重要!?ショットが右に飛ぶ人の解消方法

打球が右に飛ぶという人は意外と多いものです。けれども、いくつかのチェックポイントを抑えればきちんと改善できることも多いです。今回はボールが右に飛ばないようにする方法をまとめました。

2016-02-16 10:16:33

基本アドレスでの位置を確認しよう

thum golfersaround

ゴルフを楽しむ中で、気持ちよく打ったボールが右に飛ぶということはありませんか?よくあることですが、いくつか原因があります。まずはアドレスをチェックしましょう。意外と盲点なのは打球方向に対してまっすぐ立てていないことが多いです。左足が開いているとスイングがアウトサイドインになってしまうので、フェースが開いた状態でインパクトすることにつながり、右に飛ぶ原因になります。今一度自分のアドレスを確認してみましょう。

グリップを確認しよう!

thum gabigolf

グリップにも注目です。基本ですが腕に余計な力を入れてしまっていませんか?手打ちになると打球をまっすぐ飛ばすのが難しくなります。また、クラブを持つ左手にも注意が必要です。クラブを持って構えたときに、左手の指の付け根がいくつ見えているでしょうか?きちんとグリップできていれば3つほど見えるはずですが、これが1つないしは2つしか見えていない場合にはウィークグリップと言ってインパクト時にフェースが開きやすく、打球が右に飛びやすいグリップになっている可能性があります。

フェースとボールの位置関係を確認しよう

thum popman980

アドレス時にフェース面を確認しましょう。アドレス時からフェース面は正しく打球方向を向いていますか?このときにフェースがボールに対して開いていると、ボールは右に飛んでいきます。また、アドレス時は問題なかったとしてもトップで手首を手の甲方向へ折ってしまうとインパクト時にフェース面が開いてしまいます。アドレス時とインパクト時にきちんとフェースの正面でボールがとらえられているかをしっかりと確認しましょう。

スイングを安定させるための体幹を鍛えよう

thum keijokay

安定したスイングを生むには体をしっかりと安定させる必要があります。特にスイングでは腰と肩を捻転させることで力を溜めるので、その力を逃してはいけません。下半身と体幹が安定していないと、スイング中の体がぶれてしまい、スイングそのものが安定しなくなります。そうするといつまでたってもスコアが安定せず、ゴルフそのものを楽しむことが難しくなってしまう可能性すらあります。ゴルフに限らず体幹は生活のどの場面でも重要なので、しっかりと鍛えましょう。

基礎に立ち返り、ひとつひとつしっかりと確認してボールをまっすぐ飛ばせるようになりましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者にありがち!ゴルフの下手な人の特徴から学ぶトレーニング」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1186/

2.「初心者必見!簡単に上達するゴルフの素振りの練習方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/625/

3.「こっそり上達しよう!自宅でのゴルフの効率的な練習方法とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/745/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る