thum kpfitmom5

thum kpfitmom5

初心者必見!ゴルフで理想のスイング軌道を得られる4つの方法

ボールをまっすぐ飛ばすことがこんなに難しいとは思わなかった・・・これはゴルフをしたことがある人であればほとんどの人が思うことです。ゴルフ初心者だけではなく経験を積んだ人でも思うのですから理想のスイング軌道を取得するなんて、とても難しいのでは?と思う人もいるでしょう。

2017-02-20 00:00:00

やはり基本が何よりも大事です

thum jamesjordangolf

ナイスショットと言われるのが理想のスイングでしょう。ボールが正確にまっすぐ飛んでいる状態です。
まっすぐボールを飛ばすにはやはり基本が何よりも大事なポイントであり、ゴルフを始めた頃に見たDVDや書籍、スクールでの指導などを思い出して今の自分が基本通りに出来ているかを見直してみましょう。

スイングの基本は背骨を回転軸にする、体全体の力を使う、手でコントロールをしようとしないの3つが挙げられ、グリップ、セットアップ、バックスイングの3つの動作をしっかりと押さえることでボールをまっすぐ飛ばすことが出来ます。特にグリップはスライスやフックの原因を作りやすくなるのでグリップの基礎がなっていないとボールは左に曲がったり右に曲がったりします。

めんどくさいなと感じるのですが、より高い理想を求めるのであれば基本はしっかりと押さえ、時には振り返ることが必要です。

反復練習が効果的

thum jamesjordangolf

自分が球を打っている姿を確認することはあまりないでしょう。ですがビデオで自分を撮ってフォームを確認するのも理想のスイング軌道を得るには効果的です。ビデオで撮影することで客観的に自分を見ることができ、悪い所などが見つかれば徹底的に直す練習をしましょう。繰り返して練習することが理想のスイング軌道を得るための入口ではないでしょうか。

練習場でただ練習をするだけでは何が悪いのか見つけることは困難で、逆に間違ったフォームが癖になってしまうこともあり、スランプに陥ってしまうことも少なくありません。
もちろん撮った映像をレッスンのコーチや上級者に見てもらうのも良いでしょう。欠点を見つけて改善するための練習を繰り返す、これが重要です。

スイングが自分に合っているのか?

thum jamesjordangolf

スイングが自分に合っているのか?これはゴルフを始めたばかりの人にはなかなかイメージしにくいものですが、簡単に言えば、クラブを気持ちよく振ることが出来る+ボールがまっすぐ飛ぶ=自分に合ったスイングと言えるでしょう。
とは言ってもゴルフの基本を無視してこの方程式が出来上がらない様にしましょう。気持ちよく振ることが出来るとは言っても基本はみんな同じです。

自分にあったスイングを作るときにはスイングプレーンを重要視すると良いでしょう。スイングプレーンはスイングをしている最中にクラブが作り出す軌道のことであり、実はスイングプレーンがしっかりしていると他の部分が多少崩れていてもボールをコントロールすることが可能です。スイングプレーンとはクラブを振った時に出来る平面のことで、理想のスイングプレーンを描くことができれば力が効率よくヘッドに伝わるのでフェースの向きが安定して球が曲がらないスイングになります。

時にはイメージトレーニングも必要です

thum jamesjordangolf

理想のスイング軌道を得るためにはイメージトレーニングも時には重要です。
下半身リードでスイングをしなければならないのに、どうしても手打ちになりがちな初心者は特にイメージトレーニングは大切であり、体の動かし方などイメージとして捉えることで正しい体の動かし方ができるようになります。

イメージをする時にはボールの真後ろを打つようにしましょう。ボールの真後ろにハンマーで釘を打ち込む感じです。またイメージトレーニングではナイスショットばかりではなくミスショットも加えることで効果がアップします。

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 理想のスイング軌道 反復練習 イメージトレーニング
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る