thum

thum

初心者必見!アドレス時に肩のラインを確認する方法

ゴルフの練習をしている中で意外と見落としがちなのがアドレスの向きであり、ショットを左右するアドレスはとても重要な要素なのでアドレスの向きを無視して正すことは出来ません。アドレスの向きを正す時には肩のラインに気をつけることが重要であり、プロでもアドレスの肩のラインの方向を重要視する人もいます。

2017-02-20 00:00:00

基本中の基本??ゴルフはアドレスが命!

thum

ゴルフのスイングはグリップとアドレスで8割が決まると言われています。
グリップはゴルフクラブの握り方のことであり、握り方を間違えたまま打つとスイングは崩れてしまいます。そしてアドレスはボールに対してゴルフクラブを持って構えた時の立ち方のことで、グリップと同様にこれも正しく覚えていないとミスショットに繋がってしまうのです。
もちろん正しく覚えたからと言って必ずしも毎回出来るというわけでもなく、プロでも毎回正確にアドレスを出来るかと言えばそうではありません。

これから打とうとしている弾道に両肩のラインが大きく影響するとしたら、しっかりとアドレスの肩のラインの方向を見直さなければならないことに気づくのではないでしょうか。

肩のラインの方向を確認する方法

thum

アドレスでの両肩を結んだラインが自分がこれから打とうとしている球の弾道を決めてしまうことがあることから、両肩のラインはスイングにも大きな影響を与えていると言ってもよいでしょう。

右肩と左肩を結んだラインが両肩のラインであり、この両肩のラインがボールとターゲットを結んだラインと平行な場合はスクウェアと呼び、シャフトがターゲットラインと平行ではなく左を指している場合はオープン、逆にターゲットを指していたり、右を指していればクローズと呼びます。

まずは基本のアドレスを取りましょう。そして腕だけを動かしてクラブだけを持って両肩に当ててみます。右肩と左肩にクラブのシャフトが当たる様にし、この時にシャフトが指す方向を確認することで両肩のラインの向きを確認することが出来ます。また両肩だけではなくこの時に両膝にもクラブを当てて見ることで両膝のラインも確認することが出来ます。

正しい方向を向くための目印を見つけよう

thum

目印を見つけることでボールと目印を結んだ線に対してスタンス、両肩、両膝と全て平行に構えることが出来る様になります。

打ちっぱなしでホールデビューに向けてしっかりと練習をしてきたのに、実際にホールに出てみると練習の様にはいきません。そして多くの人が言われるのが「右を向いているよ」です。練習場は人工芝で、打席方向も決まっているので練習で体の向きを気にすることは実はほとんどありません。ホールに出ることで初めて体の向きが難しいと感じるのです。

そんな時にはボールから1m程度先に目印を見つけて肩のラインを合わせる様にしましょう。
狙いたい所を定めたら、ボールの後ろに回り込んでクラブシャフトを利用してターゲットとボールを結びます。ティーが落ちていればティーを、芝生の色が変わっている所があればそこを目印にします。目印のポイントはアドレスした時に顔を動かさなくても見える程度の距離にあるものにします。

目印が見つからない時には

thum

芝生の色が変わっている部分、落ちているティーを目印にするとは言っても現実のゴルフコースにはほとんどなかったりします。そうなると自分の感覚に頼ってアドレスを取ることになってしまいます。実はプロゴルフのトーナメントでもキャディが後ろからアドレスを確認している光景を見たりしませんか?プロでも狂ってしまうのでがアドレスです。目印がない、キャディもいない状況の一般のゴルファーはどうやって正確なアドレスを取れば良いのでしょうか。

そこで最近便利なアイテムとして利用するゴルファーが増えているのがアラインメントスティックと呼ばれるものです。ゴルフショップなどで2000円前後で購入することができるプラスティック製の細長い2本の棒です。

1本のアラインメントスティックをボールを打ちたい方向に向けておき、もう1本はアドレスで構えた両足のかかと側にセットします。かかと側にセットすることで正確に判断することができ、かかと側にセットしたスティックが先に置いたスティックと平行になっていれば成功です。

アドレス時に正しく、肩のラインを確認する方法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフ上達のポイント!スイングの前倒しってどんなこと? 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1048/

2.「飛距離を伸ばしたいなら…!ゴルフで前傾維持が大切な理由とは 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1205/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る