thum golfmagic.com_

thum golfmagic.com_

ゴルフクラブのロフト角ってなに?

ゴルフクラブのロフト角度とは飛距離を決定する重要な数値であり、一般的にはロフト角度が小さければ小さいほどボールを遠くまで飛ばすことが出来ると言われているのですが、最大距離と正確な飛距離のためにはロフト角度選びは欠かせない要素となります。

2017-02-20 00:00:00

ロフト角度について

thum hhk72

ゴルフクラブのロフト角度とはゴルフクラブの長さと同じ様に、飛距離を決定する数値の一つであり、一般的にはロフト角度が小さいほどボールを遠くまで飛ばすことが出来ると言われています。

ロフト角度はシャフトの中心線を含む垂直平面とフェース平面から出来る角度のことでシャフトの中心線を含む垂直平面を基準にして計測すると出る数値がリアルロフトで、単純にロフト角度と言われた時にはリアルロフトのことを言います。

リアルロフトの測定方法は正確に測定する場合にはヘッドスペック測定機という専用の測定機が必要になります。ゴルフショップなどには必ず置いてあるもので、声をかければ気軽に測定してくれるので、もし機会があれば持っているクラブのリアルロフトを測ってもらいましょう。

ロフト角度から見るドライバーの選び方

thum golfuniverse

一般的にゴルフと言うと遠くまでボールを飛ばすことが醍醐味ではないでしょうか。
ゴルフクラブの中で一番飛距離を出すことが出来るのがドライバーショットであり、一般男性の場合は220ヤード前後、女性の場合は180ヤード前後飛ばすことが出来るクラブであり、もちろんクラブだけでこれだけの距離を飛ばすことが出来るわけではないのですが、体の使い方やスイング軌道などしっかりしていても自分に合っていないドライバ-を使うことで飛距離が出ないどころか方向も定まらなくなってしまいます。

練習を積み重ねていくうちにクラブに問題があっても技術で補うことも出来るのですが初心者の場合はやはり難しいでしょう。ですからゴルフクラブ選びというものは重要な要素になります。何も高額なドライバーや新作のドライバーでなければならないわけではありません。自分にあったドライバーを見つけることが大切です。

そこでドライバーを選ぶ時にはロフト角度とシャフトの硬さに注意をしましょう。ロフト角度は一般的な男性の場合は8度から12度ですが、初心者が8度を選んでしまうとロフト角度は小さければ小さいほどボールが上がりにくくなってしまうのでボールを上げることに意識が集中してしまいスイングバランスが崩れやすくなってしまいます。
初心者の場合はロフト角度10度ぐらいのドライバーを選ぶとよいでしょう。

アイアンショットはロフト角度で飛距離が決まる?

thum golfenthousiast

距離を正確に刻む時に欠かせないのがアイアンクラブです。パターと同じ様に使用頻度が高いのがアイアンクラブですが、意外になんとなく選んでいる人が多いようです。
ですが実はアイアンはロフト角度によって飛距離が決まっているクラブであり、日本ではあまり使われていないものまでを含めると2番から9番までの番手があり、更にウェッジも含めると多くの種類があります。これはロフト角度によって飛距離が決まっているからであり、アイアンクラブの場合は番手が大きくなるごとにロフト角度も大きくなります。つまり狙った距離でボールを飛ばすためには、その場面に合わせた最適な番手を選択しなければなりません。

アイアンショットで正確な飛距離が出せる様になるとコースの攻略は非常にスムーズになり、もし万が一ロングアイアンなどでミスをしてしまっても次でカバーすることが出来る様になるので平均スコアを減らすことが出来る様になります。

普段のアイアンショットの練習はミドルアイアンとなる7番手を中心に練習することでロングやショート、ウェッジなどのアプローチショットの練習でも距離感を掴みやすくなり、この時にダウンブローで打ち込む練習を心がけることで正確な飛距離を出すことが出来る様になります。

ユーティリティのロフト角度

thum daisuke_sugishima

ハイブリッドクラブ、レスキューとも呼ばれるユーティリティはフェアウェウッドとアイアンの間として使用するクラブであり、非常に打ちやすい形になっていることから打ちにくいライなどでも広範囲で使用することが出来る使い勝手の良いクラブです。初心者から上級者まで使用することができ、最近ではプロも使用しています。一本は持っていたいクラブです。
ユーティリティを選ぶ時に重要なポイントになるのがロフト角度であり、高い弾道の球の場合はロングアイアンでは打ちにくいのですがユーティリティだとロフト角度によって簡単に高弾道の球を打つことが出来ます。
ユーティリティを選ぶ時は番手ではなくロフト角度を基準にして選びましょう。16度から28度ぐらいまであるので自分のクラブセッティングに合ったロフト角度を選びます。
例えばヘッドスピードが43m/sの人の場合はロフト角度が17度で平均飛距離は210ヤード、21度で190度となります。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「徹底比較!アイアンのカーボンシャフトとスチールシャフトの違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

2.「使い方では初心者の強い味方!?ゴルフクラブのチッパーの使い方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/527/

3.「初心者にお勧め?「キャビティアイアン」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1151/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る