thum

thum

握り方の1つ!ゴルフの「パームグリップ」ってなに?

ゴルフクラブの握り方はただ教えられた通りに覚えればよいというものではありません。身体的な自分の特徴を理解し、様々な握り方の特徴を踏まえることが不可欠です。今回はグリップの握り方の一つである「パームグリップ」をご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

クラブの握り方

thum teeoffinsa

クラブの握り方は人それぞれで、中には野球のバットと同じように握るベースボールグリップや、最もオーソドックスなオーバーラッピングという握り方など、種類の異なる様々なグリップがあります。

握り方によっては、スイング軌道が変化したり、スイングスピードが速くなったり、遅くなったりする事もあるでしょう。いずれにせよ、グリップに関しては、いろいろなもの試してみて、自分が一番しっくりくる握り方で探すことが大切です。

そこで、まだグリップがしっかり定まっていないという方は是非、「パームグリップ」という握り方を試してみて下さい。パームグリップとは文字通り、手のひらでしっかり握るゴルフグリップのことです。

クラブを指に引っ掛けて握るフィンガーグリップで握った方がクラブを扱いやすいタイプなのか、もしくは手のひら全体で包み込むようなパームグリップの方が、合っているのか。ゴルフのグリップは、指で握った方が良いのか、手のひらで握った方が良いのかは実際に試しながら、自分に合った方のグリップを見定めていく必要があります。

どちらのグリップで握った場合も、手の平のどの位置でクラブを握るかが、非常に重要なポイントとなります。2つのグリップは時に優劣が問われる場合もあるようですが、正確には身体的な特徴の違いによって向き不向きははっきりしてきます。









パームグリップが向いている人とは

thum

自分がどちらのグリップが向いているかどうかは、ペットボトルなどの筒状のものを使ったドリルを試してみると、それなりに適性を見分けることができます。

この実験を試す時は、指でつかんだ方がしっくりくるのか、手のひら全体を使って包み込んだほうが安定して持てるのかという点に注意を向けながら、手のひらから伝わってくる感覚を信じて確かめていきましょう。

実験を試し終わった段階で、手のひら全体で握った方が良い方は、明らかにパームグリップに適した身体的な特性を持っている方であると言えます。逆に指で握った方がしっかりペットボトルをつかむことができるという方は、フィンガーグリップ向きのゴルファーです。(なお、グリップを確かめる際は、なるべく左手一本を使って確かめるようにしましょう。)

その他、全員が同じという話ではありませんが、手のひらが大きい方はパームグリップ、逆に小さい方はフィンガーグリップが良いという傾向もあるようです。

フィンガーグリップが成長を止めている?

thum

フォームが固まり、初心者の域は脱しているけど、今1つ伸び悩んでいるというゴルファーは多いことでしょう。

そんな時は、まず握り方をリチェックしてみて下さい。なぜ、そのような質問をしたのか?これは、実は多くの方が指で握るフィンガーグリップを採用している可能性があるからです。

では、なぜ多くの方がフィンガーグリップを採用しているのか?これは、ゴルフを教えてくれた先輩ゴルファーがフィンガーグリップでクラブを握っている人が多いこと、教則本で紹介されている握り方はフィンガーグリップの人が多いこと、など様々な理由が考えられます。(実はその握り方こそがあなたの成長を止めてしまっているかもしれません。)

フィンガーグリップはパームグリップに比べ、基本的には、クラブの操作性が高くなるグリップで手首や指先の力はクラブを握っている状態でも十分使用できます。

一方、ムダな力を使い過ぎてしまうのはパームグリップより、むしろフィンガーグリップの方です。フィンガーグリップによって、あなたはインパクトで必要以上に力んでしまっているかもしれません。

フィンガーグリップはクラブ操作が簡単でヘッドの加速も指の力で調整する事ができるという特徴をもったグリップです。しかし、このグリップは指先に妙に力が入りやすいことから器用さが災いし、スイング軌道が変わりやすい握り方でもあります。

パームグリップの不自由さは武器になる

thum

一方、パームグリップは指先の力が使いにくくなるため、インパクト時にフェース面が開いてボールに当たってしまったり、フェースローテーションが強くなり過ぎるのを防いでくれます。

ただし、手首の動きは制限されるため、フィンガーグリップのように指先の力はボールに伝わりにくくなります。ただ、スイングは非常にコンパクトな形へと変化しますのでミート率はアップしますし、方向性もかなり良くなるはずです。

グリップは一見すると、それほど重視されないチェックポイントです。ただ、グリップは体とクラブをつなぐ唯一の接点ですので、現在のグリップに少しでも不安があるという方は積極的にパームグリップ、もしくはフィンガーグリップを取り入れてみましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのヒンジングってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1077/

2.「どんな影響が出る?ゴルフのハンドレイトってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1097/

3.「最初が肝心!右手親指の正しいグリップでゴルフの基礎を学ぼう」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1170/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG パームグリップ クラブの握り方 フィンガーグリップ
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る