• ホーム > ゴルフの基本 > 初心者の味方!ゴルフクラブ「ユーティリティ」選ぶときの3つのポイント

thum

thum

初心者の味方!ゴルフクラブ「ユーティリティ」選ぶときの3つのポイント

ユーティリティは初心者でも扱いやすいゴルフクラブですが、自分に合っているものを選択しないと、ユーティリティの良さが半減してしまいます。今回はユーティリティ選びの3つのポイントをまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ユーティリティ初心者でも扱いやすい

thum

ユーティリティとは、ウッドとアイアンの中間の形をしたゴルフクラブです。ヘッドスピードが遅い初心者やシニアのゴルファーでも飛距離を稼ぎやすく打ちやすい特徴があります。

ユーティリティはフェアウェイより芝が長いラフにボールが沈んている場合でも打ちやすいデザインのゴルフクラブです。ラフだけでなく、ボールが置かれている状況があwるくても比較的打ちやすいです。


ユーティリティには「ウッド型」「アイアン型」の2種類あります。

1. ヘッドの形状で選ぶ

thum

ユーティリティにはウッド型とアイアン型の2種類の継承があります。

ウッド型は重心深度がアイアン型よりも深くなるので、ボールが上がりやすくなるのが特徴です。そのため、ヘッドスピードが遅い人から平均的なスピードの人におすすめの形状です。また、ウッド型はフェアウェイウッドに似た形状をしているので、フェアウェイウッドが得意な人にもおすすめです。

アイアン型はウッド型と比べると重心深度が浅いため、ボールがあまり上がらないのが特徴です、そのため、ヘッドスピードが速く、ウッド型だとボールが上がりやすいような人におすすめの形状です。アイアン型のユーティリティはアイアンと形状が似ているため、アプローチショットが苦手、アイアンが得意な人におすすめです。

2. 苦手なクラブを補うよう選ぶ

thum

ユーティリティはアイアンやフェアウェイウッドの飛距離に対応しており、それぞれに合ったユーティリティを選ぶことができます。3~5アイアンが苦手であれば、扱いやすい3~5までのユーティリティを使用すればミスショットが少なくなり、スコアが上がりやすくなります。

フェアウェイウッドの中でも比較的シャフトが長い5番クラブは多少扱いにくいです。ゴルフに慣れていない内は3番ユーティリティを使いなどというように選べます。

3. シャフトの硬さ

thum

ユーティリティの選ぶポイントとしてシャフトの硬さも重要です。シャフトの硬さの特性として、柔らかすぎると、ボールが左右に散らばりやすく、硬すぎるとヘッドスピードが上がらず距離が出なくなります。

ヘッドスピードが遅い人は柔らかいシャフト、また、スイングのテンポが速い人は硬めのシャフト、テンポがゆったりしている人は柔らかめのシャフトを選ぶと良いでしょう。

また、どちらの型でもアイアンやフェアウェイウッドと同じシャフトの素材を選ぶことで違和感なくスイングできます。

ユーティリティは初心者におすすめです。今回紹介したポイントを確認して自分に合ったユーティリティを探してみてはいかがでしょうか?

ユーティリティを選ぶ時のポイントについてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへGO!

▼ golfplusレッスン検索サイトURL
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「脱ゴルフ初心者を目指そう!おすすめのユーティリティと選定ポイントについて」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1172/

2.「アイアンの変わり?上達しやすいクラブ選びユーティリティ編」
http://golf-plus.jp/articles/detail/350/

3.「飛距離が変わる?ユーティリティのロフト角の選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1278/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る