thum jeffhansen007

thum jeffhansen007

お庭で練習!ゴルフネットを購入する際のポイントは?

ゴルフは、少しでもクラブに触れてレッスンを積むことが上達の近道です。庭があるならゴルフネットを張って毎日練習してみるのも良いかもしれません。ゴルフネットには、折り畳み型や据え置き型、軽量型などがあります。今回はゴルフネットを購入する際のポイントをまとめました。

2016-02-01 10:40:34

コンパクトに畳められる折り畳み型

thum dan_whiting

ゴルフの練習をするときだけ、広げることができる折り畳み型のネットがあります。最近のものは、柔軟性のあるアルミのフレームで簡易型のテントのように簡単に設置が可能です。収納も簡単で、1メートル四方以下になりコンパクトに畳めます。特に新製品は軽量であるのも特徴です。商品によっては、ショット用のマトも添付されていて、ショットの方向性が確かめられます。メッシュ部分には消音タイプが採用され不愉快な音も出ません。庭でスイング練習をする際にも、実際にボールを打って本格練習が可能です。

スペースがあるなら据え置き型

thum 1stgear14

庭のスペースが十分であるか、常にネットを設置しても良いと思うほどのゴルフ好きの人には、据え置き型がオススメです。収納型と比較すると、大型のアンカーを使用して、しっかりと地面に固定可能なため、強いショットの衝撃にも耐えられ、ドライバーの練習も思いっきり行えます。大型であるのも特徴で、思わぬ方向にボールが飛んでいった場合も、ボールが飛び出さずに安全に練習可能です。専用業者に組み立てしてもらえますが、意外と組み立ても簡単で、楽しみながらDIY気分で自分での設置が可能です。

持ち運びに便利な軽量型

thum aceheads

折り畳むと、肩にかけて持ち運べるような軽量型もあります。ほぼキャンプ用のテントと同じサイズで、使用時にはベグを使用してしっかりと地面に固定できるため、簡単なアプローチの練習程度までなら十分です。使い方も簡単で、最新のものであれば、袋から出して開くだけで自動的に広がり、ネットの形になります。畳む場合もほぼワンタッチです。海水浴などで使用するサンシェードを使い慣れていれば、取り扱いが楽かもしれません。マトも付いているため、ショットの時に方向を定める練習も可能です。

自作で作ってしまう強者も?

thum vonjamers

日曜大工が得意な人は自分でゴルフネットを作ってみるのも良いかもしれません。街のホームセンターで販売されている材料で作れます。必要な材料は、鉄骨材と、ネット、鉄骨材を組み立てるためのジョイントです。鉄骨材は工事現場で使用される鉄骨よりも一回り小さいもので大丈夫です。ジョイントが見つからない場合は、強力なテープで代用可能です。サイズの目安は、間口が2メートル高さも2メートル、奥行きは1.5メートル程度です。庭が広ければ、少し大きめに間口をとっておくと、ショット時に開放感があります。

今回紹介したポイントを確認し、ゴルフネットを購入してみてはいかがでしょうか?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る