thum mirzajeremiel

thum mirzajeremiel

ゴルフスキルを上げたい!上達に必要な筋肉はどこ?

ゴルフスキルを上げるためには、ふくらはぎの筋力や腹斜筋をつけることが重要です。今回はゴルフ上達のために鍛えたい筋肉についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

下半身の要はふくらはぎの筋肉?

thum haizeacam

ゴルフ上達には、ある程度の筋力も必要です。良いスイングを行うためには下半身の安定性が重要です。フォームが安定するため、いつでも確実に飛ばしたい方向に球が飛ぶようになります。しっかりとアドレスを決めるには、強靭な脚力が必要で、特にふくらはぎの筋肉は重要です。豊かなふくらはぎの筋肉は、バンカーショットなどで強力な安定性を実現できます。ふくらはぎを鍛えるには、スクワットが有効です。安定したスイングを行うためには、スクワットのポーズを取りながらクラブを振る練習が有効です。爪先立ちでクラブを振ってみるのも良いかもしれません。

上半身に必要な筋肉は腹斜筋?

thum nejimaki.sayuri

プロゴルファーが鍛えているのは、特に、腹筋と腹斜筋です。体のバランスを取りやすくなり、スイングがスムーズになるといわれています。傾斜地や粗地などでも安定したスイングが行えます。球がまっすぐ飛ばない人には、鍛えてもらいたい筋肉です。鍛え方は、一般的な腹筋運動で、仰向けの状態から、上半身を起こす動作を繰り返します。上半身を起こしたところで、腰を中心に左右に体をひねると腹斜筋も鍛えることができます。このトレーニングを行った後で、軽くクラブをスイングすると、その筋肉がいかにゴルフで使用しているかが実感できるはずです。

意外と重要な背筋と筋力トレーニングのコツ

thum poisonprincessmeg

スムーズなバックスイングを行うためには、背筋をトレーニングしておくことも重要です。猫背でスイングしてみると、スムーズにいかないことがわかります。ピンと背筋を張った正しいフォームを維持するためには背筋がポイントとなります。トレーニングの方法は、うつ伏せになり、手を頭の後ろに組んで反り返る動作を行います。この時に、背筋を意識することと、呼吸を意識することが重要です。ゆっくりと息を吐きながら反り返り、上限に達したところで息を止めます。数秒その状態を維持して、戻すと同時に息を吐く動作を繰り返します。

飛距離のためにはリストを強化

thum

飛距離を伸ばしたいと考えている人には、リストまわりのトレーニングがオススメです。まずは、握力の強化で、特に利き腕の握力が重要です。利き腕のグリップ力が上がると、スライスも減りボールがまっすぐ飛ぶようになります。また、インパクト時にクラブの力を効率的に球に伝えるにはスナップ力が重要です。スナップ力を挙げるカギは、手首の力を鍛えることです。握力を鍛えるのと、手首を鍛えるのにはトレーニンググッズを使用するのが効果的で、握力はハンドグリップを使用して、手首はダンベルを使用すればトレーニング可能です。

背筋もトレーニングするとスムーズなスイングができます。リストの強化は飛距離向上につながります。

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック 筋肉 スコアアップ
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る