thum girlsthatgolf

thum girlsthatgolf

ゴルフの構え方の基本を知ろう!ハンドファーストのポイント

ランニングアプローチを打つ際に、必ずマスターする必要があるのが「ハンドファースト」と呼ばれる構え方です。正面にクラブが来るように構えてもボールは打てそうなのになぜアドレスでシャフトを前側に倒す必要があるのか?疑問に思う方も多いですよね?今回は構え方だけでなく、利用すべきシーンについてもじっくり解説していきたいと思います。

2017-02-20 00:00:00

ハンドファーストはゴルフの基本!?

thum eunmi_vivi

皆さんはアプローチショットやアンアンショットなどを打つ際に、シャフトがやや目標方向側に倒れたアドレスで構えている人を見たことはありますか?自分の構え方とは少し違う、そう思った人はすでに「ハンドファースト」の存在に気付いている人です。

ハンドファーストとは、クラブを構えた時に手元の位置をやや目標方向側に倒す動作を指す言葉です。アドレスで両手の位置がボールよりも前側にくることよって、クラブヘッドはより、鋭角に入れていくことが可能となり、ダフリやトップといったミスを防ぐことができます。

また、アドレスをハンドファースト気味に構えると、ロフトが立った状態でボールにヒットするため、ボールには順回転の強いトップスピンがかかります。ボールをだらだらと長く転がしてピンに寄せたいPIや9Iでのランニングアプローチショットを打つためには、必須の技術です。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

構え方を身に付ける

thum namalkim

ハンドファーストに構える時は、まず手元の位置よりも、シャフトの角度に注目しましょう。ハンドファーストで構えたアドレス時のシャフトは必ず、目標方向側にシャフトをが倒れます。

次にグリップエンドを最低でも左太ももの中心ぐらいの位置まで移動させましょう。(右利きの場合)手元は太ももの中心よりもやや目標方向側に倒すのは特に問題ありませんが、逆に目標方向よりも反対側に倒してしまうのはNGです。

また、特に注意してほしいのがフェース面の向きです。シャフトを目標方向側に倒すとフェースは右側を向いてしまいやすく、そういった場合は、必ず正しい位置に戻してからボールを打つようにしましょう。

ハンドファーストにボールをとらえる練習とは?

thum golfschool_m_roughsedge

ハンドファーストの練習は50ヤード以内の短い距離のアプローチショットがおすすめです。はじめのうちはフェース面が開いた状態でボールに当たったり、シャンク、ソケット(ヘッドの付け根)にといったミスショットが多発しますが、めげずに練習を繰り返すことで必ずハンドファーストに打てるようになります。

ロフトがこれまで以上に立った状態でボールに当たってしまうとボールが思った以上に高く上がらず、なかなか「縦」の距離感が合わないといったミスが多発することがあります。

ボールが落ちてからどれぐらい転がるのかが、始めは分かりにくいですが、練習を繰り返すことで徐々に感覚が研ぎ澄まされてきますし、オーバーやショートといったミスは起こりにくくなります。

なお、どうしてもミスが多発する場合、インサイドからクラブをボールにヒットする、体重をなるべく左足側に乗せた状態で打つ(右利きの場合)練習を繰り返すとハンドファーストに構えた状態でも、上手にボールだけを拾っていく感覚が掴めます。


ハンドファーストの構えが必要になる場面

thum chrismoonofficia

やや広めのグリーンでボールを長く転がしてピンに寄せたい場合や強風のために2番手ほど大きなクラブを握らなければ距離感が合わない場合など、長い間ゴルフを続けているとハンドファーストに構えてボールを打っていかなければならないシーンは多々あリます。

ハンドファーストはゴルファーにとって2つの利用メリットがあります。1つは、手元の位置が目標方向側にくることでクラブヘッドが落ちてくる最下点がいつもより目標方向寄りになること、これはインパクトが安定します。

もう1つは通常のグリップポジションで構えた時より、ハンドファーストで構えた時の方が2度~3度ほど、ロフトが立った状態でインパクトを迎えるため、打ち出し角が低くなり、通常時よりも勢いのあるボールが打てるようになることです。

上記のような状況に直面した時、ハンドファーストの構えでボールを打っていけるとより長い距離をアプローチをピンに確実に寄せられるようになりますし、風が強い日にハンドファーストの構えで打っていければ、飛距離のロスを抑えることも可能です。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

2.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック アドレス ハンドファースト
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る