thum jason_rodrigues1257

thum jason_rodrigues1257

厳禁!ゴルフのスイングで力んではいけない理由

ゴルフのスイングでは「力んではいけない」といわれますが、飛距離を出そうと思えば力も必要です。今回は、ゴルフのスイングで「力んではいけない」といわれる理由を解説しました。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフスイングにおける「力み」

thum spitwedge

スイング中に余計な力を入れるとスイングが乱れ、様々なミスにつながります。そのため、ゴルフのスイングでは力んではいけません。

しかし、飛距離を出すにはヘッドスピードを上げる必要があり力が要ります。やみくもに力を抜こうとするのではなく、力を入れるタイミングを間違えず、余計な力を入れないことがうまくスイングするコツです。

ボールを打つことに慣れていないうちは、ボールを前にすると緊張して体に力が入りがちです。特にアドレス(ゴルフクラブを構えること)時、トップ(振り上げ切ったところ)時に力むと、スイングが乱れます。

力むと飛距離が落ちる

thum yuvier

スイング中の力みはヘッドスピードを落とし、飛距離を落とします。

筋肉は緊張し固まっているときは素早く動かせません。そのため力むとヘッドスピードが落ちます。飛距離はヘッドスピードとミート率(スイングの勢いのボールへの伝導率を示す数値)によって決まるため、ヘッドスピードが落ちると飛距離も落ちます。

またスイング中の力みはスイングのリズムを崩すため、トップ(ボールの上部を打ってしまい飛距離がでないこと)やダフリ(ボールの手前の地面を打つこと)といったミスショットにつながります。

力まないコツ1:体の緊張をほぐす

thum breannagillgolf

力んでしまう原因の1つはボールを前にしたときの体の緊張です。体の緊張をほぐすことで、スイング中の力みを軽減できます。

・肩を落とす
力んでいるときは肩に力が入りやすいです。両肩を持ち上げるように肩甲骨に力を入れ、入れた力を一気に抜いて肩を落とすことで肩の力を抜けます。

・その場で軽くジャンプする
力を抜きながら数回ジャンプすることで、全身の力を抜けます。

・緊張している部分に力を入れ、緩める
人間の体は一度わざと力んでから脱力すると、筋肉が弛緩します。あえて緊張している部分を力ませて、力を抜くことで、リラックスさせられます。

力まないコツ2:連続素振りをする

thum apiesudin

アドレスする前に数回素振りをすることで、余計な力を抜き、スムーズなスイングができます。ゆっくりとしたリズムを意識して素振りをすることで、スイングのリズムを整えられます。

必要最低限の力でスイングすることでヘッドスピードが速くなり飛距離を伸ばせます。しかしボールを前にすると緊張したり、飛ばそうとしたりして余計に力んでしまう人もいるのではないでしょうか?体の緊張をほぐすエクササイズも、連続素振りも簡単にできる力み対策です。ぜひ力み対策を試して、速いスイングを体験してください。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフのグリップに種類あり?グリップの種類まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/188/

2.「パターとドライバーでは違う?クラブによって変えるグリップの握り方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/279/

3.「飛距離を伸ばす!ゴルフの手打ちの4つの直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/366/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック スイング 脱力
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る