thum https://www.instagram.com/p/BA8OIg_pOUd/

thum https://www.instagram.com/p/BA8OIg_pOUd/

メンテナンスで長持ち!3つのゴルフ用品の手入れの仕方

ドライバーやアイアンのフェース面はとてもデリケートな素材で出来ています。日々、メンテナンスを確実に施すことでクラブの寿命を大幅に伸ばすことができます。今回はゴルフクラブの手入れの仕方を3つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

手入れの仕方⓵ドライバー

thum tt830

ティアップしたボールを打つ機会が多いドライバーはインパクト時に芝やティ、虫などを巻き込んでしまうため、主にフェース面に汚れが溜まりやすいクラブです。打球痕は付着したばかりのタイミングであれば、濡れタオル等でもキレイに拭いとる事ができます。

ところが、汚れが付着してからクラブを長時間そのままの状態にしてしまうとサビやシミが発生して、汚れが落ちにくくなります。そういった場合は、近所の100円ショップ等で売られている「激落ちくん」を試してみましょう。「激落ちくん」はメラミン樹脂で発砲素材の作られている非常にソフトな研磨剤です。デリケートなチタン合金のフェース面の汚れとも相性が良く、一瞬で頑固な汚れを削りとってくれます。練習場やコース内には「たわし」や「金属ブラシ」を自由に利用できる事もありますが、ドライバーやFWの汚れを落とす目的ではなるべく使用しない方が良いでしょう。

天ぷらを打ってしまった時などにクラウン(天板)に付着してしまった打球痕は軽度のものであれば、車用品専門店等で売られている液状の車用コンパウンドを使うことで元の姿に復元できる事があります。少量をティッシュになじませて、円を描くように拭き取りながら、打球痕を少しずつ取り除いていきましょう。

手入れの仕方⓶アイアンとウェッジ

thum 14iikka

アイアンやウェッジは芝の上に置かれたボールを打つ事が多いため、どうしても長く使っていると泥や小さな砂利によってフェース面のミーリング塗装やスコアラインの溝がダメージを受けます。ボールの打球痕くらいであれば、ドライバー同様、激落ちくんで汚れを簡単に落とすことができますが、傷が思った以上に深い場合は耐水ペーパー(2000番以上)やコンパウンドを使って少し研磨して表面の傷を少し均してあげる必要があります。

また、アイアンやウェッジは軟鉄素材を使って製造されています。メッキ有りのタイプでも場合によってはフェース面に塗装はがれや斑点のようなサビが発生することがあります。使用後は溝に溜まった泥をブラシで丁寧に取り除き、こまめにタオルで水分を拭きとる努力を怠らないようにしましょう。

なお、メッキ無しのウェッジをご使用の方でフジツボのようなサビがヘッドにこびり付いたウェッジをなんとか復元したいという場合は、最初に少し粗目のサンドペーパー(#300)でざらざらしたサビを取り除き、徐々に目が細かい上の番号のサンドペーパー(#500、#1000、#2000)を順々に使いながら、少しずつ本来の状態に戻していきます。ヘッドに触れた時に滑らかさを感じられるくらいに磨いて、最後に自動車用コンパウンド(液状)等で仕上げれば完成です。光沢感のあるフェース面が蘇ります。

手入れの仕方③グリップ

thum cdr_glock

クラブと体とをつなぐ唯一の接点であるグリップは常にキレイにしておくことが大切です。準備が不十分だとスイング中に手元が滑ってしまう、または汚れが気になって十分なパフォーマンスが発揮できないことがあります。

グリップを洗うべきタイミングはクラブ握った時に違和感がある時です。フィット感が少し足りないなと思った時はすぐに洗浄しましょう。グリップの洗浄には薄めた中性洗剤の使用がおすすめです。水を目一杯ためた状態のバケツに中性洗剤を入れ、その中に全グリップを入れてゴシゴとシスポンジなどを使って一気に磨き上げれば、洗浄時間を大幅に短縮できます。

近年はデリケートなラバータイプのグリップが主流ですので洗浄中にたわしや金属ブラシを使うのはあまりおすすめではありません。しかし、グリップの表面に糸が練りこんであるタイプのグリップはブラシを使うことで洗浄中に表面の糸が毛羽立ち、滑り止めとしての機能が高まることがあります。素材に合わせて適切な洗浄方法を試すようにしましょう。

普段からの手入れは慎重に!防サビ剤を活用しましょう!

thum kamk725

グリップについた手の脂をふき取る、雨に濡れたシャフトを拭くなど日々のちょっとした手入れをきちんと行うことがゴルフクラブの寿命を延ばすことにつながります。

フェース面やシャフト、ホーゼル、グリップの付け根は特に水分が溜まりやすく、乾燥しにくい箇所です。洗浄後はすぐにバックに入れるのではなく、風通しの良く、日当たりの良い場所にクラブを置き、十分乾かしてからキャディバッグに戻すよう心がけましょう。

カビの影響が特に気になる方は、乾燥タオルでクラブを拭き取った後に、防カビ剤を塗布することをおすすめします。防カビ剤はゴルフ用でなくとも市販の「KURE 55-6」でも代用できます。防カビ剤がすぐに用意できないという場合は、ぜひお試し下さい。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「重い方が良い?パターの重さとストローク安定の関係」
http://golf-plus.jp/articles/detail/975/

2.「初心者必見!ショートウッドとユーティリティはどちらを選んだ方が良い?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/696/

3.「意外と簡単!ゴルフクラブのグリップ交換方法まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/164/


thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る