thum link2golf

thum link2golf

ゴルフでの風が強い日の3つの対策

ゴルフには風の影響がつきものです。特に風が強い日は、風の影響でなかなか狙った場所にボールを落とせません。今回は風の影響と上手く付き合うための3つの対策をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

風で受ける影響

thum brolife_golf

ゴルフは風の影響を受けやすいスポーツです。微風の日も、強風の日も風の状態は短期間に大きく変わりやすいため、ショット毎に風を確認しショットを調整します。

横からの風であれば打ったボールが左右に逸れます。向かい風であれば飛距離が落ち、追い風であれば狙った場所より遠くに飛びます。同じ風の強さであれば追い風より向かい風の方が飛距離の変動が大きいです。

また風の強さをゴルフクラブで表現し、無風であれば7番アイアンのところを同じ飛距離を出すために6番アイアンが必要になるような向かい風を1クラブと表します。

1:「ノックダウン・ショット」を打つ

thum beautifulgolfcourses

風への対策として、低い弾道の球を打つことで風の影響を減らす方法があります。低い弾道のショットを「ノックダウン・ショット」あるいは「パンチ・ショット」といいます。上空より風の少ない地面付近を飛ばすことで風の影響を減らします。

ノックダウン・ショットを打つには、ボールの位置に注意します。ボールをスタンス(構えたときの両足の位置)の中央かやや右寄りにすることで、クラブヘッドが下降しているときにボールを捉え上から下に力がかかり弾道が低くなります。

2:バックスピン量を減らす

thum jackcrosleygolf

向かい風の場合、バックスピンの量を減らすことでボールが浮きあがるのを防ぎ、風の影響を減らします。バックスピンが少ないボールは風に煽られにくいため、ノックダウン・ショットと合わせることで、より低い弾道のショットを打てます。

バックスピン量を減らすにはボールをスタンスの中央に設置し、下半身の動きをできるだけ抑え、普段より幅の小さいスイングで力まず打つのがコツです。ボディーターンの軸が動かないようにして腕の振りを押さえて、肩の回転でボールを打ちフィニッシュを低くとれば、バックスピンの少ないショットは打てます。

3:コースマネジメントを考える

thum kamk725

風の強い日は特に慎重にコースマネジメント(どのようにプレーしていくかの方針を考えること)します。ゴルフ場で風は常に変化するため、完璧に予測するのは不可能です。そのため風の影響を強く受けた場合とそうでない場合の両方を想定し、ターゲット前後左右の安全なサイドと危険なサイドをよく確認してから打つ方向を決めていくのが重要です。

ゴルフには風の影響がつきものです。常に完全な無風でプレーできることはあり得ません。風との上手な付き合い方を身につけて、ゴルフをより楽しみましょう!

困ったことはゴルフの先生に聞いてみよう!!
風が強い日の対策についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフが上達しない人に共通する4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1023/

2.「どこが違うの?プロゴルファーと素人のスイングの差とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1028/

3.「ゴルフスコア100を切れない4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1029/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る