thum maria_my_dream_golf

thum maria_my_dream_golf

初心者のためのドライバーの4つの練習方法

ドライバーは主にティーショットで使うことが多いクラブです。ゴルフを始めて間もない頃は、全てのホールで使用するといったことも多く、それゆえに様々なミスを経験して嫌いになってしまった、という方も多いのでは?今回は初心者の方が最低限覚えておくべきドライバー練習方法を4つまとめてみました。

2017-02-17 18:23:15

練習1:正しいドライバーの握り方と構え方を身につける

thum katsu1_golf

まず、ドライバーを打つときは、正しい構え方を「身に付ける」ことから始めましょう。例えば、グリップを握る時は、左手のグリップの「バックル」が真上から見た時に少しだけ見える状態、右手は上から被せるように握るのではなく、真横からあてがうように握ります。(これを、ややストロンググリップで握るといいます。)

また、アドレス時のスタンス幅は、アイアンを使って打つときよりもやや「広め」、具体的には肩幅よりも少し広いくらいの幅で構えると、大振りにも耐えられる安定感のあるスイングでクラブを振れるようになります。

なお、アドレス時の自分を後方から見た時、両肩を結んだライン、両膝を結んだライン、両足を結んだラインの3つのラインが目標方向のやや左方向を向くのが、正しい構え方です。(初心者の方の場合、どうしてもやや右側を向いてしまう人が多いので注意しましょう。)

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

練習2:ティアップはボールが半分見えている状態で!

thum mi_ka_hana

アイアンは地面(芝)の上にあるボールを上から潰すように打ち込み気味にボールを打っていきます。一方、ドライバーはティーアップしたボールを下から上に払い打つようにして打っていかなければならないクラブです。

ここで、特に気になるのがティーアップするボールの高さですが、近年のドライバーは大型化が進んでいます。したがって、基本的にはボールが半分くらい見えている状態の高さがベストです。また、ティーアップしたボールの方が芯でとらえやすくなります。

ボールを芯に当てられているかどうかは、ボールを打った後の「打音」でも知ることができますが、ゴルフショップなどに売られている「ショットマーク」と呼ばれる特殊なシールを活用するのもおすすめです。ボールが当たる位置が左右上下にズレないよう、上手にヘッドをボールに当てるのが、飛距離を伸ばすための「コツ」です。

練習3:ドライバーはアッパーブローで打つのが基本

thum tanke313

ドライバーをあまり使い慣れていない人にありがちなショットに「天ぷら」や「チョロ」といったミスがあります。このようなミスショットの多くはへッドを上から叩きつけるようにしてボールに当てようとする、いわゆる「打ち込み過ぎ」が主な原因です。

打ち込み過ぎは、手首や腕の使い方の間違いによって起きている場合もありますが、初心者ゴルファーの多くは、クラブを打ち込む「クセ」が身に付きやすいアドレスでボールを打ってしまっているケースがほとんどです。

ドライバーを使う時はシャフトがなるべく、ハンドファーストになり過ぎないよう、注意しましょう。アドレス時に目標方向に向かってシャフトを倒し過ぎてしまうと、ロフトが立っている状態でインパクトを迎えてしまうため、ボールが思い通りに高く上がってくれません。

目標方向とは、逆の方向にシャフトを倒してアドレスすると、ヘッドが下から上に動く、いわゆるダウンブローの軌道で動くため、ボールが高く上がりやすくなり、飛距離も伸ばせます。

練習4:ゆっくりかつ大きなスイングでスライスを直す

thum haru00514

ドライバーが苦手な方の多くは「スライス」が原因という方は多いのではないでしょうか?始めは真っすぐに飛んでくれるのに、途中からぐんぐんと右に切れてしまうプッシュスライスは、曲がりの幅についてもなかなか予想が立てづらく、打ってしまった後の精神的ダメージも大きいですよね。ドライバーでスライスが出てしまう場合、下半身を積極的に使おうとして、フェース面が開いて当たる「振り遅れ」が生じているか、自分のスイングを確認してみましょう。

体の回転に対し、腕の振りは少し遅れてくるぐらいがベストですが、グリップエンドが体の正面から明らかに外れてしまうほどに、上半身と下半身の動きがズレてしまうと、フェース面はさすがに開いた状態でボールに当たってしまいやすくなります。グリップエンドが常に体の正面を向くようにスイングするためには、全身を大きく使ってとにかくゆっくりとスイングする意識を持ちましょう。体の回転と腕の振りが同調するようにスイングできれば、インパクト時のフェース面の「開き」が原因のスライスは必ず、未然に防ぐことができます。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る