thum quitethechap

thum quitethechap

スコアアップを目指せ!ゴルフの寄せワンのコツ

寄せワンとはグリーン上でピン近くにアプローチしたボールを1打でカップインした状態です。スコアアップを目指すには寄せワンを狙う練習が重要です。今回は寄せワンのコツをまとめました。

2017-02-20 00:00:00

「寄せワン」ってなに?

thum jesspaksikorn.venture

「寄せワン」は、グリーン上でピン近くにアプローチしたボールを1打でカップインした状態です。寄せワンを狙ってできるようになると確実にカップインできるため、スコアアップにつながります。

ゴルフのスコアアップといえば飛距離アップに目がいきがちですが、なかなか上がりづらい飛距離と比べ身につきやすいパッティングやアプローチショットを洗練させることで、より簡単にスコアアップを狙えます。

寄せワンを決めるにはボールをカップに近づけるためのアプローチの技術と、確実に決めるパッティングの技術を磨く必要があります。

3種類のアプローチ方法

thum murraynichol

グリーン周りからのアプローチにはボールを低く打ち転がす「ランニングアプローチ」と、ボールをある程度上げて、ある程度転がす「ピッチエンドラン」、ボールを高く上げて落としたところで止める「ロブショット」の3種類があります。

特に障害物がなくカップまでそれなりに距離があるときはランニングアプローチを使い、グリーンとの間にバンカーなど障害物があるときはピッチエンドランを使います。カップまで非常に近いとき、または上り傾斜が大きい時はロブショットで対応します。

戦略を立てて臨むのがコツ

thum jenjacob1942

アプローチしやすい場所を狙ってグリーンに近づけるのが寄せワンを狙うコツです。3つのアプローチ方法のうち最も難しいのがロブショットです。そのためセカンドショットなどでグリーンに近づけるとき、やみくもにカップに近い位置を狙うよりグリーンのスペースに余裕がある位置を狙って近づけることで、ランニングアプローチやピッチエンドランでアプローチできる状況を作ります。

またグリーン周りからグリーンにのせるときは、グリーン上の傾斜を考え、ボールがどのように転がるかをイメージしてアプローチショットします。傾斜の強さと転がる方向を考えて打てれば、アプローチの精度が格段に上がります。

確実に決める練習をする

thum wildpinkshrimpsbruzzone

うまくアプローチできても、1打で決められなければ意味がないため、ショートパットを身につけましょう。自宅でもできる練習として2メートル前後のパターマットを使い、2メートルの場所からカップインする練習がおすすめです。パターマットは3000円前後で購入できます。2メートルのパッティングの精度が上がればショートパットへの自信がつき、本番のラウンド中のミスも減ります。

寄せワンを身につけて、スコアアップを目指しましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ウェッジのバンス角を知っておけばスコアアップにつながる!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

2.「初心者必見!ゴルフクラブの種類(ウェッジ)」
http://golf-plus.jp/articles/detail/213/

3.「初心者必見!ゴルフクラブのバランスってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/598/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る