thum hofskies93

thum hofskies93

どれがおすすめ?ゴルフのグリップの選び方

グリップを選ぶ際にも、さまざまな要素があります。自分の状態に適したものを選ぶことが重要です。今回はゴルフクラブのグリップの選び方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

素材は2種類

thum hollowindgolf

ゴルフのグリップの素材には「ラバータイプ」と「コードタイプ」の2種類があります。

ラバーとは、ゴムのことです。手が滑らないようにゴム材が採用されています。一方、コードタイプは、ラバーの中に糸が練りこまれています。晴れた日などは、ラバータイプでもしっかり握れますが、雨の日などにはコードタイプを使用すると練りこまれた糸が手にしっかりと引っかかって、グリップ力が向上します。ただし、グリップ力が良すぎて余計な力がクラブに伝わってしまう危険性もあります。

太さで選ぶ

thum rally_larry

太さも重要な要素となります。太い場合は、それだけしっかりと握ることができ、ミート率と方向性が向上します。同じクラブでも軽く感じられるようにもなります。一方、細い場合はクラブを重く感じることができ、リストターンによる飛距離の向上が狙えます。自分の打ち方に応じていろいろ試してみることがおすすめです。常にスライス気味の人は、太いものに変更してみる価値はあります。逆に、フック気味の人は細いものを試してみるといいでしょう。

重さで選ぶ

thum tstagno

ゴルフのグリップの重さは、クラブの扱いやすさと飛距離を決定づけます。重いものを使用すると、相対的にヘッドが軽く感じられるため、クラブの操作性が向上します。つまり、スイングがしやすくなるわけです。逆に軽くすると、ヘッド方向が重くなるため遠心力が効率的に働き、力が無い人でも飛距離を伸ばすことができます。力に自信が無い人は軽めのセッティングにするのがおすすめです。やはり、重さについても自分に合ったバランスが重要で、色々と試し打ちをしながら試行錯誤する必要がありそうです。試し打ちのできるショップで購入するのが賢明です。

バックラインで選ぶ

thum jayhowarthgolf

バックラインとは、ヘッドの反対側の方向が盛り上がっていて、握っただけでどちらの方向を向いているかがわかるタイプのグリップです。指が引っ掛かりホールド性が高まることから、インパクト時にフェースが開いてしまうことを防止してくれます。頻繁にスライスしてしまう人には、おすすめかもしれません。安定したグリップ力を維持することができます。ただし、バックラインが入っていると、握る位置を自由に変えることができなくなるので、状況に応じてフェースを開いたり閉じたりなどの調整が困難です。

納得のいく一品を見つけてスコアアップを目指しましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフのグリップってなに?グリップの基本まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/151/

2.「ゴルファー基礎知識!グリップの太さの重要性とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/840/

3.「【ゴルフクラブの名称】グリップのバックラインって何?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1239/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 道具 グリップ 選び方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る