thum mrsbabbito

thum mrsbabbito

初心者必見!ゴルフでミスを減らす4つの方法

ゴルフでミスショットを減らすことで、ボールを打つ回数が減りスコアアップにつながります。ゴルフでミスを減らすには、スイングや姿勢、メンタルの部分を鍛える必要があります。今回は、ゴルフでミスを減らす方法を4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

スイングのリズム・テンポを意識

thum pim_ler

ミスショットは、スイングの軌道が不安定なことが原因です。ミスショットを減らすために、リズム・テンポを意識してスイングしましょう。スイングのリズムとは、「1、2」「1、2、3」といったスイングの間合いのことです。

スイングのリズム・テンポが乱れる原因は、トップからダウンスイングにかけての間合いを作れていないことが主な原因です。

スイングのリズム・テンポはテークバック、トップで「1」、タメ、ダウンスイング時に「2」、インパクト、フォロースルー、フィニッシュで「3」のタイミングで打ちましょう。

ボールが置かれた状況に応じて適切なクラブを選択

thum keijokay

ミスショットを減らすには、ボールが置かれた状況(ライ)に応じて、打ちやすいクラブを選ぶよう意識しましょう。

ライが悪い場合で、飛距離を稼ごうとしフェアウェイウッドを選ぶ、傾斜から打つ際にクラブの飛距離だけでクラブを選択しないようにしましょう。

ライが悪い場合、平らなフェアウェイウッドに戻せるよう、状況に応じてクラブを選択しましょう。芝が深いラフではアイアンを使用するようにしましょう。

ルーティーンを作る

thum _jisun___

ゴルフでのルーティーンとは、ボールを打つ前に決まった動作を行うことです。ルーティーンを決めることでスムーズにショットに移れます。

また、毎回同じ動作をすることでボールを打つ前に無駄な考えを持たなくて済みます。そのため、自分がボールを打つ前に思った理想のスイングをしやすくショットの成功率が上がります。

ルーティーンはチェックポイントごとに動作を決めましょう。素振りを毎回同じ回数にする、ボールの位置までの歩数を意識するなどが一般的なルーティーンです。

前傾姿勢を維持

thum _jisun___

ミスショットを減らすには、前傾姿勢を維持することを意識しましょう。前傾姿勢を維持することで、上体が起きにくくなり、スイングの軌道が安定します。バックスイングからフィニッシュまで、膝にできた角度を維持することで、前傾姿勢を保てます。

前傾姿勢のコツは、腰の高さを意識しましょう。腰の高さはベルトのバックルの向きと高さを意識しましょう。


ゴルフでミスショットを減らすことで、スコアアップにつながります。今回紹介したポイントを確認し、ミスを減らしていきましょう!

ミスを減らす方法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「疑問を解決!女性のゴルフ初心者のためのマニュアル」
http://golf-plus.jp/articles/detail/177/

2.「初心者必見!これだけはダメなゴルフの4つの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/240/

3.「スコアを伸ばしたい人必見!初心者が上達するために意識したい4つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/249/



KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック ミス ミスショット
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る