thum

thum

初心者必見!ゴルフのルールの1つであるアンプレアブルってなに?

ゴルフのルールの中に、ゴルフのアンプレアブルのルールがあります。このルールを利用することはプレー中1打罰になるルールですが、救済措置としてあるルールなので、上手に利用することで成績をそれ以上悪くしないで済みます。このゴルフのアンプレアブルのルールと注意点を紹介します。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフのルール

thum

ゴルフは紳士のスポーツと言われており、ゴルフ場でプレーをするときには自分の成績については自分自身で行うことになります。この時に不正は決して許されないのがゴルフのスポーツで自分自身に正直に自分のスコアを記載することが求められます。そのためゴルフをプレーするときにはいろんなルールがあり、すべてを理解しておく必要があります。意図的でなくてもルール違反の行動はペナルティーになり、なかにはルールに厳しいプレーヤーも存在するので特別な行動をするときにはルールを確認することが初心者には必要な行動になります。

ペナルティでは失格の処分が重いのですが、ゴルフは打った数が少なければ少ないほど有利なスポーツになるので、ペナルティは、余分に思ったことを加算される処分になります。このペナルティのルールの中にゴルフのアンプレアブルと呼ばれるものがあります。このルールは初心者の人にとっては必ず覚えておくことが必要なルールになるので、知らなかったでは済まないルールですが、このルールを知っておくことで余分にスコアを重ねることがなくなる処置として有効です。

ゴルフのアンプレアブルとはどのようなルール

thum

アンプレアブルのルールは、ボールの状態によりこれ以上プレーを続けることが不可能な状態となりプレー不可能を宣言して救済措置を行います。プレー不可能は、ゴルフのボールを打つことができない状況であると宣言することで行うことができ、プレーヤー自身が唯一判断して行うルールです。そのため一緒にプレーをしている人が宣言をしても適用されないルールです。

このルールは、救済措置として3種類用意されていますが、どれを選ぶかも自分自身で行うことができます。 1つ目は、モールを最後に打った場所に戻すことができる救済措置、現在打てない状態にあるゴルフボールの場所から2クラブレングス以内にドロップする救済処置とホールとボールを結んだ後方延長線上にドロップする救済措置があります。ゴルフボールの状況によっては最初の救済措置となる、最後に打った場所あるいは打った場所にできるだけ近い場所から打ち直す救済措置の方法を採用することが多いです。

バンカーのアンプレアブル

thum

ゴルフのルールのプレイアブルのルールに関しては、初心者の人ほど必ず覚えておかなければならないのは、ゴルフのプレー続行が不可能な状態になりやすいからです。特にバンカーにボールを入れてしまった場合には、簡単に脱出することができない状況になり何度も打ち続けることになります。そこでこちらのゴルフのアプレアブルのルールを利用することで余分なプレー回数を回避することができます。

バンカーでこちらのルールを利用するときにはアンプレアブルを宣言した後、最後に打った場所まで戻って打ち直すのがベストな選択です。アンプレアブルの救済措置の3種類の中で、他の2種類はバンカーのボールの位置からドロップしてプレーを再開することになります。このドロップを行った結果またバンカーにボールが入ってしまう可能性があります。これではアンプレアブルのルールを利用した意味がなくなるので、最後に打った場所まで戻るのがベストな選択になります。このルールは、あまり利用しないのがベストですが最悪の結果を考えれば勇気ある選択といえます。

ドロップの仕方

thum

アンプレアブルも行うときには、正しいボールの落とし場所と正しくドロップを行わなければ1打罰はさらに加算されることになります。そのためゴルフ場でプレーをするときにこのドロップの仕方等をあらかじめ決めておくことでトラブルを生じなくさせることができます。

このドロップを行う時に利用したいのがゴルフのティーです。ドロップを行うときにはまず、ゴルフボールにマークを付けた後ゴルフクラブで移動した場所にゴルフのティーでマークをしてドロップのできる範囲を確認しておくことで上手にドロップを行うことができます。ドロップを行う場合には直立の姿勢で肩の位置までボールを持った腕を真っすぐ上げボールを落とします。この時にプレーヤーやキャディーの体や道具にボールが当たった場合にはもう一度ドロップを行うことになります。

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG アンプレアブル プレー不可能 救済措置
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る