thum wawan_muchtar

thum wawan_muchtar

スコアが伸びる?ゴルフの「クラブが立つ」ってどんな意味?

クラブを立てたスイングをすることで、スイングプレーンに乗せてスイングできます。そのためスイングの軌道が安定しミスショットを防げるほか、飛距離が伸びます。今回はクラブが立つためのコツ、練習方法についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

クラブが立つってなに?

thum lc178

クラブが立つことで、ボールと目標地点を結んだターゲットライン後方からみて、グリップエンド(グリップの端)とボールを結んだ線が平面になるスイングプレーンに乗せてスイングできます。

スイングプレーンに乗せたスイングをすることで、スイング中に発生したパワーをロスすることなく効率よくボールに伝えられます。そのため、ミート率が上がり飛距離が伸びます。

クラブを立てたスイングをし、スイングプレーンに乗せる場合、意識しすぎるとボールにヘッドが上手く当たらずミスショットにつながるため注意が必要です。

クラブが寝ることでミスショットにつながる

thum beardedgolfer780

クラブが寝るとは、ダウンスイングの前半でクラブが後ろに立つことです。クラブが寝ることで、スイング中にフェースが開いてしまいます。そのため、ボールが右方向へ飛ぶミスショットのスライスにつながります。

また、フェースが開いた状態を元に戻そうとする動きをすることで、フェースが閉じてしまうこともあるため、ボールが急激に左方向へ飛ぶチーピンにもつながるため、クラブが寝ないよう意識してスイングしましょう。

クラブを立てて打つコツは腰を横に切らない

thum ckozzzy

クラブを立てて打つコツは、スイング時に腰を横に切らないことを意識しましょう。腰が横に切れることでクラブが寝てしまいます。腰を横に切らないことで、スイングにキレが生まれ、クラブが立ちます。

腰を横に切らないために、左膝を流さないよう意識してスイングしましょう。左膝を横に動かさず、ダウンスイング時に左足で地面を踏むことで、左膝が流れません。左足で地面を踏む際は、クラブを自分で引き戻す、体に引き付ける意識を持たないようにしましょう。力を抜いてリラックスしながらスイングしましょう。

クラブを立てる練習方法

thum

クラブを立てる練習方法は、タオルを使って練習できます。タオルをバックスイングで右の首の付け根に来るよう素振りをし、フィニッシュでは、左の首の付け根にタオルがぶつかるようにしましょう。

また、右手を左手首に掴んで素振りすることでも感覚を養えます。左手の親指をバックスイングでは、
右肩を指し、フォロースルーでは、左肩を指すよう素振りをしましょう、右手を左手首に掴んで素振りをする練習は、左手の親指が常に自分の顔を向いているよう意識して素振りをしましょう。

クラブを立てることで、飛距離が伸びます。今回紹介したポイントを確認し、スコアアップを目指しましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1082/

2.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

3.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る