thum ivannavale

thum ivannavale

初心者必見!ゴルフのパター4つの打ち方

ショットはそこそこ良いのに、今日は本当にパターが入らない。ゴルフ経験の長い方であれば、そんな日もたまにはありますよね。また、初心者ゴルファーの中には、そもそもパターの打ち方そのものが良く分からず、正しい打ち方が何なのか?それが分からなくなってしまっているといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 パターはアイアンやドライバーのように長い距離を飛ばすためのクラブではありません。ただ、長い距離も短い距離も同じ一打の「重み」があると仮定するならば、14本のクラブの中で最も神経を使って打たなければならないクラブでもあります。今回は、パターの正しい打ち方のコツを4つ、お伝えします。

2017-02-20 00:00:00

打ち方1. 肩を天秤の用に上下させる

thum amalie_radova

パターでボールを打つ際、まず最初にチェックしてほしいのは、腕や手首だけでなく、肩をしっかりと使ってパターを振ることができているか、という点です。

もちろん、パターを動かす際の初動段階では手首や腕も多少は使う必要がありますが、振り上げてしまった後は、ヘッドの動きを「肩」コントロールする「意識」をもってストロークすることが大切です。

パターはなぜ、「肩」を使って動かさなければならないのか?それは、両腕にかかる力の入れ具合を左右対称して振らないと方向性が安定しないからです。

特に手首や指先といった箇所にはストローク中にムダな力が入ってしまいやすく、ヒットする直前にフェース面が開閉してしまうミスが起こりがちです。

また腕や手首の筋肉は、アプローチなど器用さが要求される場面では活躍しますが、パターを使用する場合は、不必要な動きを助長する原因となりえます。

したがって、普段はあまり使う機会がない鈍感な「肩」の筋肉を使った方が、ボールを打ち出す方向は安定します。

打ち方2. 目とボールの位置を意識

thum bigmama_superstar

パターを使用する際に次にチェックしてもらいたいのが、「目とボールの位置との距離」です。一般的なパター(ピンタイプ)の場合、ボールの位置は左目の真下に来るのが基本です。

また、ボールを見る際は、なるべくボールの後ろ側を見ながらテークバックすることを心がけましょう。後ろ側を見ながらテークバックした方が良い理由は、そういった見方の方がボールをクラブヘッドで真横から撫でる様にパッティングすることができるからです。

この時、パターのロフトを少し立ててインパクトするイメージでヒットできるようになると、転がりの良い「順回転」のボールを打てるようになります。

パターを使用する際は真ん中よりも若干、左足側(レフティーの場合は右足側)にボールをセットするのがおすすめです。

なお、セットする位置は左目の真下が基本です。ただ、ヘッドのタイプの違いによっては最適な場所が異なるため、左目の真下の位置よりも前方が良いのか、後方が良いのかは事前の練習できちんと確認しておくと良いでしょう。(例えば、ピンタイプなら、左目の真下よりやや後方がおすすめ。L字タイプなら、左目の真下よりもやや前方がおすすめ、など。)

打ち方3. 同じテンポで打つ

thum ianscaddie

パターでボールを打つ際は、スイングに加減速をつけず、同じテンポでスイングすることが大切です。パターは同じ振り幅でも加速・減速の違いによって、打ったボールが転がる距離は大きく異なります。

スイングリズムが速くなってしまうと右利きゴルファーの場合、アウトサイドからヘッドが入りやすくなるため、方向も安定しません。したがって、パターを振る際は、テークバックとフォロースルーは同じ振り幅か、もしくは、フォロースルーを少し長めにとるのが基本です。

ヘッドはメトロノームの振り子のように、一定のリズム・テンポで動かせるのが理想ですが、はじめの内はテンポで打つのが難しいため、そういった場合はなるべく転がり良いボールを安定して打つことだけをイメージしてストロークする練習を繰り返しましょう。

※なお、リズム感を持ってストロークする練習を実践する場合は、音楽プレーヤーを身に付けての練習がおすすめです。

打ち方4. 手首を使わない

thum amitjamwal12

パターでボールを打つ場合、必要以上に手首を使ったインパクトは非常に危険です。
手首を使ってストロークすると、インパクト時のフェース面はブレてしまいます。また、インパクト時の強さも毎回変わってしまうため、毎回同じ距離を転がすことができなくなってしまいます。

アマチュアの場合は、パターを振り上げるテンポと下してくる際のテンポが一致していないケースが多々見受けられます。また、そのうようなクセをお持ちの方の多くが手首でボールをパチンと弾くようにストロークしています。(手首のリストが強い方の中には、手首を使った方が安定するという意見もあるかもしれませんが、基本は「肩」を中心としたのストロークです。)

※なお、高麗グリーンなど、比較的遅いグリーンでゴルフを覚えた方は、手首を使いすぎるゴルファーが多いようです。一方、ベントの高速グリーンで覚えた方は肩を使って上手に距離感をコントロールできる人が多いという傾向があります。以上の理由から、パター練習はなるべくカーペットの上など、ボールが良く転がる場所で練習することをオススメします。

パターの基本的な打ち方について、もっと詳しい情報が欲しい方は是非、一度ゴルフレッスンへ!

レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「自宅で上達できる!パターマットの3つの使い方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1004/

2.「初心者必見!パターを打つ時に意識したい3つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1244/


thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る