thum juicy._.julez

thum juicy._.julez

スコアが上がる?ゴルフのスイングの最下点3つのポイント

最下点を意識したスイングをすることで、ミスショットを防げ、ボールに効率よく力を伝えられるため飛距離が伸びます。スイングの最下点は人によって異なるので、自分の最下点を見つけることが重要です。今回はスイングの最下点についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

スイングの最下点の見つけ方

thum lisamariegolf

最下点を意識したスイングをすることで、体の正面でインパクト(ヘッドがボールに当たる瞬間)を迎えられ、ボールに力を伝える効率が良くなります。そのため、飛距離が伸びます。

スイングの最下点は人によって異なります。最下点の見つけ方は、打つ前にクラブヘッドで地面を擦るように素振りを繰り返しましょう。ヘッドが地面に触る位置が最下点です。

スイングの最下点の確認後は、最下点に対してボールの位置を決めましょう。

最下点を見つけることでミスを防止

thum artistberrada

最下点を意識したスイングをすることで、飛距離が伸びるだけでなく、ミスショットも防げます。ミスショットの多くは、ボールを最下点より目標側に置くことが原因です。

飛距離が極端に落ち、ボールが数十m程度しか飛ばないダフリは、最下点が右に寄りすぎてしまった場合、ボールの手前にヘッドのエッジが入るためダフリます。

ボールが高く打ち上がり過ぎてしまうミスショットのトップは、最下店より左のボールを置くことが原因です。

アイアンとドライバーの違い

thum fabiangomezgolf

スイングの最下点は、ドライバーとアイアンで異なります。アイアンの最下点は時計の6時の位置であることが多いです。ドライバーはアイアンと異なり、ティーアップしていることがほとんどなので、時計の5時の方向がスイングの最下点です。

そのため、アイアンではスイングの最下点でボールを捉え、ドライバーでは最下点を過ぎてからボールを捉えることを意識しましょう。

スイングする際は、アイアン、ドライバー共に手を使ってクラブを操作したり、右手を積極的に使わないよう注意しましょう。

ボールに向かってスイングしないことが重要

thum superstyletravels

最下点を意識したスイングでは、ボールに向かってスイングしないよう意識しましょう。ボールを打ちにいくスイングは、体突っ込みます。体が突っ込むことで、ボールが右方向へ飛ぶミスショットのスライスにつながります。体が突っ込む際にスイングの軌道を修正しようとすることで、手先を使ってしまい、ボールが左方向へ飛ぶひっかけにもつながります。

ボールに向かってスイングせず、最下点を意識したスイングをしましょう。

今回紹介したポイントを確認し、ミスショットを減らしましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る