thum jayhowarthgolf

thum jayhowarthgolf

初心者必見!ゴルフの打ち急ぎを防ぐ2つの方法

打ち急ぎは体の回転より先に腕だけでゴルフクラブを振ってしまうことで、手打ちにつながります。打ち急ぎはバックスイングとダウンスイングでの意識を変えることで防げます。今回は打ち急ぎの防ぎ方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

「打ち急ぎ」って具体的にどういうこと?

thum elishelbyruns

「打ち急ぎ」は、スイング中に体の回転より先に腕だけでゴルフクラブを振ってしまうことで、手打ちにつながります。手打ちのスイングは、体の回転の力を使えず飛距離が落ち、スイング軌道が不安定になります。練習場で上手く打てる人も、プレー中の緊張や焦りから打ち急いでしまうことがあります。

手打ちの主な原因は、バックスイング(振り上げ)で体を捻れていないこと、ゴルフクラブがボールに当たる前に力んでしまうことの2つです。

ゆっくりとバックスイングする

thum tiffanym15

ゆっくりとしたバックスイングを心掛けることで、体を捻ることができ、打ち急ぎを防げます。体の回転を使ったスイングはバックスイングで体を捻り溜めを作りますが、捻りが足りない場合腕の力に頼るため、手が先行しがちです。

バックスイングでしっかり体を回転させるには、トップ(ゴルフクラブを振り上げ切ったところ)時に左肩が顎の下にくるまで肩をまわします。ゆっくりとしたバックスイングを心掛けることで、体を捻れていることを確認できます。

ダウンスイングでしっかりと左足を踏み込む

thum wilkyphotos

腕主体でゴルフクラブを振り下ろすことが、ゴルフボールに当たる前に力んでしまう原因です。下半身主導でダウンスイングすることで、腕主体で振り下ろすのを防げます。ダウンスイング時に左足を踏み込み、右足から左足への体重移動を意識することで下半身主導でスイングを始められます。

またダウンスイングでも、1動作を丁寧に行う意識が重要です。焦って早く打とうとするのではなく、ゆっくりバックスイングし、左足への体重移動を感じながらダウンスイングしましょう。

まとめ

thum christian_wimmer_ceo

打ち急ぎは、体の回転より先に腕だけでゴルフクラブを振ってしまうことで、手打ちの原因です。練習で上手く打てる人でも、プレー中は焦りと緊張から打ち急いでしまうことがあります。

打ち急ぎの原因は、バックスイングの回転不足とゴルフボールに当たる前に力んでしまうことです。ゆっくりとしたバックスイングと、左足の踏み込みを意識したダウンスイングで打ち急ぎを防げます。

うまく打とうとする緊張から、打ち急いでしまうこともあるでしょう。気持ちを落ち着かせて、丁寧にスイングすることが打ち急がない秘訣です。



打ち急ぎを防ぐスイング方法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ドライバーのプッシュアウトの原因と直し方まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1130/

2.「左利き(レフティ)でゴルフはできる?右利きとの違いまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/157/

3.「初心者必見!ゴルフのヘッドスピードを上げる4つの方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/172/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック 打ち急ぎ 初心者
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る