thum jenjacob1942

thum jenjacob1942

初心者必見!ショートアイアン2つの打ち方

ショートアイアンはシャフトが短く扱いやすいクラブで、ラフからの脱出やグリーン周りでのアプローチショットに使います。今回はショートアイアンの2つの打ち方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ショートアイアンの特徴

thum rapunzell

ショートアイアンは8番アイアン、9番アイアン、アプローチウェッジ、ピッチングウェッジなどの比較的飛距離の短いクラブです。ショートアイアンはシャフトが比較的短く扱いやすいです。

またショートアイアンは、ロフト角(フェースの傾きの角度)が大きくボールを上に上げやすいため、ラフやバンカーから脱出するときや、グリーン周りからアプローチショットを打つときなどに使います。

ショートアイアンでのスイングは、基本的にはドライバーと一緒ですが、アドレスと打ち方に少し特徴があります。

ショートアイアンではボールと手の位置に気をつける

thum leminsta

ショートアイアンでは、アドレス時のボールの位置と両手の位置が通常のスイングと異なります。

ドライバーなど飛距離を求める場合、ボールを左足よりにセットしますが、ショートアイアンでは両足の間か、わずかに右足よりにセットします。ボールを右足よりにセットすることでダウンブローで打ちやすくなり、飛距離が調節されます。

またショートアイアンでの両手の位置は「ハンドファースト」です。通常のスイングではクラブを握った両手は体の中心に構えますが、ハンドファーストでは左足太ももの前に両手を構えます。グリップがボールより前にあるため、ハンドファースト(手が前)と呼びます。

ダウンブローに打つ!

thum leahgruber

ダウンブローは、スイングの最下点より手前でボールを捉える打ち方です。ダウンブローはラフなどでもボールを捉えやすく、ボールにバックスピンをかけやすく着地後の転がりを防げます。ショートアイアンはラフやアプローチショットなどで使うため、ダウンブローで打ちます。

ダウンブローを打つ際のコツは、インパクト(ボールとクラブヘッドが当たる瞬間)時にグリップがボールより前に来ること、ボールを打った跡にヘッドの最下点が来ることを意識することです。

まとめ

thum unbelievable_tomi_peace

ショートアイアンはシャフトが短く扱いやすいクラブで、ラフからの脱出やグリーン周りでのアプローチショットに使います。ショートアイアンのスイングは基本的に他のクラブと変わりませんが、ボールと両手の位置とインパクトのタイミングが異なります。

ボールはドライバーなどを使うときより右寄りにセットし、ハンドファーストに構え、ダウンスイングで打ちます。ショートアイアンを使いこなせれば、アプローチショットなどの成功率が高まり、スコアアップにつながります。これを機にショートアイアンの使い方を練習してみてはいかがでしょう?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1082/

2.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

3.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック ショートアイアン 打ち方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る