thum jakefeyen

thum jakefeyen

ランニングアプローチ6つの打ち方

ランニングアプローチは、ボールをほとんど飛ばさず転がすアプローチショットです。ミスショットが出にくいので初心者にお勧めです。今回はランニングアプローチの打ち方の6つのポイントをまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ランニングアプローチとは?

thum eagle461

ランニングアプローチは、ボールをほとんど飛ばさず転がしてグリーンに乗せるアプローチショットです。ランニングアプローチはスイングの振り幅が小さく、ボールのコントロールがしやすいため、初心者でも比較的簡単にできるアプローチです。

ランニングアプローチは、グリーンとボールの間にバンカーなどの障害物がなく、グリーンに近い時に有効です。ボールを飛ばさないため回転などがかかる心配もなく、他のアプローチショットに比べてミスショットが出にくいのも特徴です。

ランニングアプローチは7番アイアンか9番アイアンで

thum hariharmishra

ランニングアプローチは、7番アイアンや9番アイアンなどのショートアイアンか、ピッチングウェッジ使うのが一般的です。短いアイアンは飛距離が出にくく、ボールをコントロールしやすいです。サンドウェッジやアプローチウェッジで打つ人もいますが、これらのクラブでランニングアプローチをするとボールに回転がかかり、ボールが止まってしまいます。

またランニングアプローチでは、ボールの位置も重要で、右足の前にボールが来る位置に立ちます。右足前にボールがあることで、ゴルフクラブのロフトという出っ張りが閉じ、ボールが飛びにくくなります。

ランニングアプローチの構え方と打ち方

thum oiraanes

ランニングアプローチは構え方と打ち方が、他のアプローチショットと異なります。

・構え方
両足は揃えて立ち、目標方向に向かってわずかに左に開いた、オープンスタンスで構えます。その際グリップの端に手がかかるくらいに、ゴルフクラブを短く握り、クラブを握った両手が左太ももの前に来るように構えます。

・打ち方
パッティングをするように、腕の三角形を崩さずに、振り子のように動かして打ちます。ドライバーなどで打つときと違い、体の回転は使いません。

クラブを短く持ち、振り子のように打つことで、スイングの勢いを制限し、ボールのコントロールをしやすくします。

まとめ

thum jul_bee

ランニングアプローチは、スイングの振り幅が小さく、ボールのコントロールがしやすいため、初心者にお勧めのアプローチです。

ランニングアプローチの打ち方のポイントは以下の6点です。

・7番アイアン、9番アイアン、ピッチングウェッジを使う。
・ボールは右足寄りの位置に
・オープンスタンスに構える
・クラブは短く持つ
・両手が左太ももの前に来るように構える
・腕の三角形を崩さず、振り子のように打つ

ランニングアプローチは、アプローチショットの基本ともいわれ、ミスショットが出にくいのが特徴です。初心者に特にお勧めなので、これを機に練習してみてはいかがでしょう?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ウェッジのバンス角を知っておけばスコアアップにつながる!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

2.「初心者必見!ゴルフクラブの種類(ウェッジ)」
http://golf-plus.jp/articles/detail/213/

3.「初心者必見!ゴルフクラブのバランスってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/598/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る