thum bombtechgolf

thum bombtechgolf

スコアアップを狙える!初心者必見のパターの練習方法

ゴルフでは、 300ヤードを超えるようなドライバーのショットも、カップまで1メートルのパターも同じ一打です。つまり、近い距離での一打は確実に成功させることがスコアアップへの近道です。今回はパターの練習方法をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

とにかくクラブに触る機会を増やす

thum williamsracinggolf

いくら上達のためとはいえ、毎日のように練習場に通うのは体力的にも金銭的にも辛いものです。そこでオススメなのが自宅でもできる練習法です。庭があれば素振りやアプローチの練習もできますし、庭がないとしても室内にマットを敷いてパッティングの練習を行うことも出来ます。初心者は特に、ティーショットやセカンドショットが安定しないことがあるので、せめてパッティングの感覚だけは早めに習得しておいた方が良いでしょう。

狙った方向に打つ練習をする

thum gabovargascr

パッティングで大切なことが2つあります。まず1つ目は、狙った方向に打ち出すことです。そのためには正確なストロークを身につける必要があります。人によっても癖はありますが、インサイドにクラブを引きすぎてしまったり、あるいは目標とは異なる方向にクラブを打ち出してしまったりすると、当然ボールは自分の思い通りに転がってくれません。まずはまっすぐボールを転がせるように練習することが初心者のうちは非常に大切です。

ボールが転がる距離感をつかむこと

thum athenio

パッティングで 2つ目に大切な事は距離感をつかむことです。これはラウンドをする際に必ず求められるスキルです。3パット以上を叩かないようにするためには、正確な距離感をつかむ必要があります。そして、この距離感はグリーンの状況によっても大きく変わります。ラウンドする際には、スタート前に必ず練習グリーンで当日のボールの転がり具合を確認しておくことが大切です。時間帯によっても転がり具合が変わるので要注意です。

パターの芯でボールを打つ

thum c.monjes

ゴルフのあらゆるクラブは、芯でボールを打つことによって性能を最大限に発揮できます。これはパッティングに関しても全く同じことが言えるのです。パッティングではそこまで芯に当てることを意識しないアマチュアゴルファーも多いと思われますが、芯に当てることによって正確な距離感を身につけやすくなります。ボールが真っ直ぐな回転で転がるように、地道な練習を積み重ねることがとても大切です。パッティングの重要度について、伸び悩んでいるアマチュアゴルファーは再認識する必要があるでしょう。

今回紹介したポイントを確認し、パッティングを成功させましょう!

▼この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!スコアが上がるパッティングの距離感の4つの合わせ方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/391/

2.「初心者必見!パッティングの距離感を掴む4つの練習方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/394/

3.「初心者必見!ゴルフのショートパットを成功させる2つのコツ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/496/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック 練習 パター
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

ステルス

社会人は仮の姿、真の姿は最近ゴルフを始め、どっぷりゴルフに魅了されたゴルファーです。ゴルフをするにあたっての知識や、テクニックなどを共有していきたいと思います。

社会人は仮の姿、真の姿は最近ゴルフを始め、どっぷりゴルフに魅了されたゴルファーです。ゴルフをするにあたっての知識や、テクニックなどを共有していきたいと思います。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る