thum

thum

初心者必見!ゴルフのスイング動作まとめ

ゴルフを始めたいと思いながらも、初めは何をどうやって練習したらいいのかわからないものです。ここでは、初心者の方でも思いっきり振りぬけるスイングをマスターできるよう、ゴルフのスイング動作を練習する上で基本的な事柄と、関係する理論をご紹介いたします。

2017-02-20 00:00:00

グリップの握り方

thum

青い空に思いっきりボールを打った時の爽快感、これからゴルフを始めようと思われている方にとって憧れる瞬間ではないでしょうか。とはいえ、うまく打ちたい気持ちとはうらはらに、実際にコースに出た時きちんと打てなかったらどうしようと不安になるものです。そんな初心者の方でも初めからゴルフを楽しめるように、何をどうするのが効果的なのか、ゴルフのスイング動作の基礎の基礎から解説させていただきます。

正しいゴルフのスイング動作にまず大切なのは、正しくクラブを握ること。手の位置を決める目安として、グリップにあるロゴなどの印に注目しましょう。実はこの印、真ん中を示すためにつけられているもので、左手の親指をこのマークより少しだけ右側に置いて握るのがポイントです。そのようにして握った左手の親指と右手の生命線を合わせて包むように握れば、空高く飛ばすための最初の一歩が完成です。

大事なのは体の回転

thum

ゴルフのスイング動作として何が一番効果的なのかということに関しては、いまだにたくさんの意見があります。それだけ、個人差のある深い話ではあるものの、一つの絶対的に不可欠な要素して、正しく体が回転しているかということがあげられます。手の位置や腕の振りといった要素も関係しているとはいえ、まずはコマのように、軸である対幹を中心にして、上手に体を回すことを意識するのが大切です。気持ちよく体を回すことができれば、自然と良いスイング動作に近付くことでしょう。

ボールと体の理想的な距離とは?

thum

スイング動作は自分とボールの距離によっても変わってきます。近すぎるならとても窮屈になってしまい、スムーズに体を回転させることができません。逆に遠すぎるとボールに届かせるために腕を伸ばしてしまうので、回転の力が分散され、結局は腕の力で打つことになりかねません。そうなると、せっかくの回転の力が無駄になってしまいます。

このボールとの距離をつかむために不可欠なのは素振りです。素振りなので、当然ボールは使いませんが、何回も素振りしているうちに、いつもドライバーのヘッドが通過している位置が分かってくるはずです。この位置こそ、一番体が自然に回転した時に打ちやすいポイントといえます。つまり、一番回転のパワーを伝えやすいポイントというわけです。あとは、その軌道上に実際にボールを置いてみて、打つ練習をしましょう。それだけで体が自然に、ボールとのベストな距離を覚えてくれるでしょう。

遠くに飛ばすためには?

thum

ボールを遠くに飛ばす上で重要な要素の一つが、初速です。つまりボールにインパクトする瞬間のクラブのヘッドスピードが早ければ、それだけ初速が速くなり、飛距離を伸ばすことが期待できます。ではそのために何を意識すればよいのでしょうか?大事なのはクラブを振りおろす際の角度です。なるべく風の抵抗を受けずに、ボールまで最短の距離で振りおろす角度を見つけることを意識して素振りしてみましょう。

クラブによって長さもまちまちですし、当然長いクラブほどコンパクトに振りぬくのは難しくなってきます。基本的には振り上げた時の腕の角度の影響が大きいものなので、自分の体やクラブにあった理想のトップの形を探しましょう。例えば、振り上げた際の手の位置が自分の肩ぐらいの位置であれば、肩より上に手を持ってくるときよりも安定して振りぬけます。理想的なスイング動作をマスターするには地道な練習も必要ですが、まずは何をどうしたらボールに一番パワーが伝わるのか、理論を理解したうえで練習するなら、青い空に気持ちのいいショットを打ち放す爽快感を味わえるのもそう遠くはないでしょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る