• ホーム > ゴルフの基本 > スコアを伸ばすにはゴルフクラブから!クラブフィッティングってなに?

thum mercedes_de_foxa

thum mercedes_de_foxa

スコアを伸ばすにはゴルフクラブから!クラブフィッティングってなに?

世の中には、数え切れないほどの種類のゴルフクラブがあります。その中から自分にぴったりなゴルフクラブを見つけ出すのは容易ではありません。あなたのそのクラブ、実は身体に合ってないものかもしれません今回は自分に合ったゴルフクラブを見つけ出す「クラブフィッティング」について解説します。

2017-02-20 00:00:00

クラブフィッティングとは?

thum robertobengoa

クラブフィッティングとは、文字通り「その人に合ったゴルフクラブを選ぶこと」。クラブとの相性は性別、体格、年齢、スキル、フォームなどによって決まります。自分自身で最適なゴルフクラブを見つけ出すのは難しいため、「クラブドクター」なるクラブフィッティングのプロが、様々な計測データを参考にしながらその人にあったクラブを見つける施設があります。

一方で、自分自身でも簡単にできる「自分に合ったクラブの見つけ方の目安」も存在します。

クラブの長さの選び方

thum martijn.maghielse

背が高い人はクラブも長い方がいいのかといえば、そんなことはありません。プロゴルファーでも、ドライバーは44~45インチ、アイアンは38インチ前後が主流です。もちろん、初心者の方もこれらを参考にクラブの長さを決めてください。

クラブの長さはスイングの遠心力に影響します。クラブの長さが長いほど遠心力が生まれヘッドスピードが上がり飛距離が伸びます。遠心力が発生する分クラブが扱いにくいです。短いほどヘッドスピードは上がりませんが、扱いやすいです。

アイアンのライ角度を合わせることが何より重要な「フィッティング」

thum spoonbanger

ここが重要です。アイアンのライ角度は自分の身長に合わせてください。ライ角度とはヘッドとシャフトのおりなす角度のことです。ボールを打つ構えをしたとき、ヘッドの先が5mmほど地面から浮く角度が、適正なライ角度です。

ライ角度が合ったアイアンで練習を重ねることで正しいフォームを身につけることができ、結果として上達も早くなります。逆に、ライ角度が合っていないアイアンを使ってしまうと間違ったフォームを覚えてしまうことになるため、上達の妨げとなってしまいます。

ライ角度の目安

thum pfeil_golf

一般男性が選ぶ、身長に合わせたライ角度について。基本的に、身長が170センチ以下の人は60度前後、175センチ前後の人は61度前後、180センチ以上の人は62度前後(5番アイアン)が目安です。数字が少ないものをフラットなライ角度、数字が多いものをアップライトなライ角度といいます。

国内メーカーのアイアンのライ角度は60~61度ぐらいのモノが多く、米国メーカーは62度前後のアップライトなライ角度のアイアンが多いです。米国のゴルフプレイヤーは、日本のゴルフプレーヤーと比べて体格が大きい人が多いためでしょう。

自分に合ったグリップを選ぼう

thum impactgolfmy

グリップは、身体とクラブをつなぐ唯一の接点。せっかくライ角度の合ったアイアンを使っていても、グリップがしっくりこなければベストなプレーは望めません。グリップを選ぶ基準は一つ、「自分がしっくりくるかどうか」だけです。友人のゴルフクラブを握らせてもらったり、ショップで確認するなどして、自分が「これだ!」と思うグリップを見つけ出してください。

合っていないクラブを使っていても、上達の道のりは険しくなるばかりです。自分に適したクラブを見つけ、スコアアップにつなげていきましょう。

▼この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「各ゴルフクラブの番手ごとの飛距離の目安」
http://golf-plus.jp/articles/detail/88/

2.「女性必見!女性の平均的なゴルフクラブの飛距離まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/192/

3.「初心者におすすめのゴルフクラブのハーフセットってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/202/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

ナッツ

来年の4月から社会人になるナッツです。社会人になるにあたってゴルフも必要なのかなと思い、ゴルフを始めました。ここでは、練習して気になったところなどをまとめていきたいと思います!

来年の4月から社会人になるナッツです。社会人になるにあたってゴルフも必要なのかなと思い、ゴルフを始めました。ここでは、練習して気になったところなどをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る