• ホーム > ゴルフの基本 > 飛距離が伸びる!?初心者必見のゴルフスイング時の左肘の3つの使い方

thum keijokay

thum keijokay

飛距離が伸びる!?初心者必見のゴルフスイング時の左肘の3つの使い方

ゴルフでは、左肘の使い方がスイングを左右します。左肘が曲がった状態でのスイングは、ミスショットや飛距離ダウンにつながります。今回は、正しい左肘の使い方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

スイング中で左肘が重要な理由golfplus

thum keijokay

左腕はクラブと1番密接している部分であり、スイングに影響を与えます。左肘が曲がると、クラブヘッドの位置がインパクト(ボールとクラブヘッドが当たる瞬間)時に構えた場所からずれ、ミスショットが出やすくなります。

また左肘が曲がると、フェース(クラブヘッドのボールに当たる面)が開き、パワーが分散します。左肘を使いこなすことで、飛距離も伸びます。

初心者だけでなく、ゴルフに慣れてきた人でも、左肘は意識できていない人が多いです。左肘の使い方を身につけることで、スイングが改善し、飛距離の向上とミスショットが減ります。

左肘は自然に伸ばすgolfplus

thum choks72

スイング中、左肘はまっすぐ伸びているのが理想です。しかし左肘を意識し過ぎると、体全体に余計な力が入りスイング自体がぎこちなくなりがちです。

左肘を曲げないのが基本ですが、無理をして伸ばし、スイングが崩れてしまっては意味がありません。腕の力を抜いて下したときのような、自然に肘が伸びた状態のスイングを目指しましょう。

実際、日本のプロゴルファーにはスイング中、左肘が少し曲がる選手もいます。左肘が自然に伸びた状態であれば、多少は問題ありません。

左肘が曲がるのはスイングの仕方が原因golfplus

thum kroisov16

スイング自体に問題がある場合、左肘が大きく曲がります。構えの時点で肘が曲がっていることや、スイング中体が回転していないことなどが主な原因です。

構える時は左手からクラブを握りますが、その時点で左肘が曲がっていれば、スイング中のクラブコントロールがうまくいきません。

また振り下ろすとき、肩や腰の回転が遅いと、腕が追いついてしまい、肘が曲がる原因になります。振り上げる時、構えた状態から90度ほど体を捻ると、肩と腰がしっかり回ります。体を回して振り上げることで、振り下ろしの際、体を速く回転させやすくなります。

まとめgolfplus

thum golfalong

・左肘を自然に伸ばした状態を目指そう
・構えるときの左肘に注意
・体を回転させるスイングを心掛ける

上記の3点を意識して、練習することで、左肘の使い方を身につけることができます。ゴルフのスイングはたくさんのポイントがあり、難しく感じるかもしれませんが、1つ1つを確実に改善することで、上達します。

左肘の使い方も、重要なポイントの1つなので、これを機にぜひ練習してみてください。左肘を使いこなして、スイングを上達させましょう!

スイング時の正しい左肘の使い方について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのヒンジングってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1077/

2.「どんな影響が出る?ゴルフのハンドレイトってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1097/

3.「最初が肝心!右手親指の正しいグリップでゴルフの基礎を学ぼう」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1170/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック スイング 左肘
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る