thum gabano_officiel

thum gabano_officiel

スコアアップを目指せ!ゴルフで飛距離を伸ばす4つの方法

コースの全長が長いコースの場合は特にどれだけ飛距離を稼ぐ事が出来るかが重要です。飛距離を伸ばすためには、道具にこだわる事も大切ですが、それ以上に打ち方に工夫をする必要があります。

2015-12-02 14:11:36

身体全体でスイングする事を心掛ける

thum freeman7166

ゴルフの初心者の方が飛距離を伸ばそうと思った場合に、腕を大きく振ることによって強く打とうとする傾向があります。手でゴルフクラブを振るように意識してしまうと、腕の力だけを頼りにボールを飛ばしてしまいます。そのため、飛距離が伸びないばかりか飛ぶ方向も定まりません。

そのため、スイングを行う場合にはまず下半身を軸に動かすようにしましょう。具体的には、打ち始めの動作を下半身の動きから始めることによって、腕の力だけに頼らないスイングができます。

脇をしめるショットを心掛ける

thum golfmetrics

初心者がボールを遠くに飛ばそうとする場合、出来るだけ腕を大きく動かそうとする傾向があります。見た目はパワーがあるこの打ち方ですが、効率的とは言えません。実は、ボールを小さな力で遠くに飛ばすためには、脇をしっかりと締めることにより全身の力をボールに与えられます。

しかし、どうしても脇が開いてしまうという場合には、バックスイングの際に肘を曲げないことを心掛ける事によって、自然と脇が締まります、まずは肘に意識した練習を行う事も大切です。

ヘッドスピードを上げよう

thum iampheobe_dietespiff

飛距離を伸ばすための大切な方法として挙げられるのがヘッドスピードです。ヘッドスピードが打つ動作の中で最もスピードが高い状態になれば、自然とボールへの力の伝わり方も大きくなります。

ヘッドスピードを上げるための大切なポイントは、グリップを軽く握って、腕の力を極力抜くようにしてクラブを振る事を意識することです。特に注意しなければならない事は、力を入れないでショットすることを意識し、ボールがクラブに当たるときの角度をできるだけ付けないようにする事が大切です。

上半身の柔軟性を加えて飛距離を伸ばす

thum wycliffegolfcc

だんだんとアプローチに慣れてきた場合、更に遠くまでショットすることが出来れば大幅なスコアアップが期待できます。そのためには、上半身を柔らかい動きを保った状態でショットする事が大切です。上半身が固いままですと、ボールが腕の向きと異なる方向に飛んでしまう危険があり、リカバリーショットが必要となってしまうためです。

アイアンを使って正確かつ飛距離を伸ばしたいのであれば、上半身をしなやかに使ったショットが重要だと言えます。ショットが終わった後に、身体が後ろに逸れるような体制になる事をイメージするのが良いトレーニング方法です。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフが上達しない人に共通する4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1023/

2.「どこが違うの?プロゴルファーと素人のスイングの差とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1028/

3.「ゴルフスコア100を切れない4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1029/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG テクニック 飛距離 伸ばす
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る