thum soto312

thum soto312

初心者の強い味方!?ゴルフクラブのチッパーの使い方とは?

チッパーとは、グリーン周りからの短いアプローチショットを確実に寄せることを目的に開発されたクラブです。サンドウェッジよりもロフト角は小さく、アプローチウェッジよりもロフト角が大きいチッパーは、適度にボールを上げて後はボールをだらだらと転がしながら寄せたいという、アマチュアゴルファーや初心者の方に特に人気があります。今回はチッパーの特徴や使い方について、まとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

チッパーとは、一体どんなクラブなのか?

thum melbournegolfclub

「チッパー」とは、50ヤードくらいの短いアプローチショットをより、確実に寄せることを目的に開発されたクラブです。上級者の目には、違反クラブだと思われている節がありますが、実際にはアイアンの下位クラブとして「公式ルール」でも使用が認められているゴルフクラブです。

チッパーの特徴を語る時、絶対に外せないのが、特徴的な巨大なヘッドです。ユーティリティ並みに広くて分厚い「ソール」と、ややアップライトになるよう設計されたライ角とヘッド形状は、ボールに確実にヒットするイメージが出やすいと言われています。また、チッパーは比較的、短めのシャフトが装着されているため、パター感覚でクラブを操りやすく、距離感も合わせやすいと言われています。

チッパーはどういうシーンで使用すべきクラブか?打ち方は?

thum gordondawson3

チッパーの使い方については、まずは「ややハンドファースト気味」にクラブを構え、パターのようにランニングアプローチで転がしながら寄せる方法がオススメです。ソールが広めで、アップライト気味のヘッド形状は、ダフりにくく、ドロー回転の転がりやすいという使用メリットがあります。したがって、受けグリーンなど、手前の位置からダラダラと転がすアプローチには、チッパーを使ったランニングアプローチが最適です。

一方、30ヤード~40ヤードぐらいのアプローチであれば、チッパーを使ったピッチエンドランがオススメです。チッパーを使って放たれたボールは、ピッチングウェッジを使った時のように、やや中弾道気味にボールが飛んでいくため、ピンまでボールを「運ぶ」ようなイメージが出やすいでしょう。ある程度はキャリーを出してボールをピンの近くまで寄せなければならない2段グリーンでの使用は、特におすすめです。

チッパーを使う場合の注意点

thum melbournegolfclub

チッパーを使った経験がない方がチッパーを購入して最初に感じることは、思った以上にボールが高く上がらない「ジレンマ」でしょう。チッパーは、上級者が好んで使うフェースを開きやすいロブウェッジなどと違い、ある程度転がしながらピンまでボールを寄せることを想定して作られているクラブです。

したがって、ロフト角が立ってしまいやすくなるハンドファーストやフェースを閉じるようなスイングではチッパーのクラブ特徴を生かすことができないスイングであると言えるでしょう。そこで、チッパーを使用する際は、なるべく芝の上に乗ったボールのみを払い打つ、パターを扱うかのようなスイングでクラブを振ると良いでしょう。

グリップは、アイアンと同じような握り方で良いですが、ウィークグリップやスクエアグリップなど、ヘッドをボール打ち込む場合などに使用するグリップはあまり望ましくありません。できることならややストロング気味に握ってチッパーを使用することをオススメします。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「徹底比較!アイアンのカーボンシャフトとスチールシャフトの違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

2.「初心者にお勧め?「キャビティアイアン」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1151/

3.「初心者必見!アイアンの使い方と使う場面」
http://golf-plus.jp/articles/detail/253/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る