thum kristoffergustavsson

thum kristoffergustavsson

初心者必見!ゴルフのスイングを安定させるには目線から!

ゴルフのスイング時に目線を安定させることで、スイングも安定します。目線が乱れるとミスショットにつながりスコアが悪くなります。今回はゴルフのスイング時で大切な目線をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

目線は右目が下になる

thum esakuosku

スイングを安定させるために、目線は右目を少し下にするのを意識しましょう。ボールを打つために構えた際、右肩が左肩より下がり目線も左目から右目にかけて傾きます。右目が左目より高い位置にある場合、前傾姿勢が崩れスイングが不安定になります。

左肩と右肩を結んだラインと左目と右目を結んだラインは、アドレス時とボールが当たる瞬間であるインパクトでほぼ平行になっています。この時、目線はアドレスの位置をキープするのが重要です。

目線の方向にクラブを振りやすい

thum klea1213

スイング時は、目線方向にクラブを振りやすいです。目標に対して正しくスイングをするためには、目線をボールと目標を結んだ線である飛球線に平行にセットできるよう、頭の位置と角度を合わせるよう意識しましょう。グリーン上でボールをカップに入れるパッティングの際、ラインと合わせて目線を平行にしましょう。目線が右に傾いた場合、大きく右方向にボールが行く場合があります。

目線が目標方向と違った場合、ボールの飛距離が落ちるダフリ、ボールが高く打ち上がるトップにつながります。

目線が乱れるとヘッドアップの原因に

thum charlestowngolfclub

目標地点を意識しすぎるあまり、目線が不安定になることでスイングする際に頭が起き上がるヘッドアップになりがちです。ヘッドアップは前傾姿勢が崩れるため、ミスショットにつながります。

頭の位置を維持し、前傾角度を保つと目線は動きにくくなり安定します。ボールを見続けると頭の位置が最初から左へ傾きます。ボールをあまり見ず、左目を主に使ってボールを見ることで、ボールがあまり気にならなくなり、目線が安定します。

目線は素振りで確認

thum deni_permadi_keren_banget

目線を確認するさい、素振りで確認しましょう。インパクトでボールを見なくとも目線が、クラブを振った時にできるプレーン(平面)に動いていた場合、ヘッドがボールに当たります。スイングやゆっくりとしたスイングから始め、目線もプレーンを描くようにクラブを振りましょう。

スイング時に目線をアドレス時の位置をキープすることで、スイングが安定します。また、目線をボールの目標地点と平行になるよう意識するとクラブを振りやすくなり、ミスショットを防げます。今回紹介したポイントを確認して、目線を安定させスイングを成功させましょう!


スイングを安定させるには目線の正しい使い方について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る