thum thegolfcollege

thum thegolfcollege

スコアアップを目指せ!ゴルフのアプローチの4つのコツ

ゴルフのスコアアップにおいて大切な事は、アプローチです。常にピンに寄せる事の出来る技術を持っていることによって、グリーンでのパットも楽になり、少ない打数でボールをカップに入れられます。今回はアプローチのコツを4つまとめました。

2017-02-20 00:00:00

アプローチの体勢とクラブの持ち方

thum firmbizz

アプローチを行う際には、ゴルフクラブを持つ長さを調節する事が大切です。例えば、目標までの距離が長い場合にはゴルフクラブを長くもつことにより飛距離を伸ばし、距離が短い場合にはゴルフクラブを短く持って飛距離を縮めるといった工夫が必要です。

ゴルフでアプローチを行う際には、ほとんどの場合飛距離を必要としないので、ゴルフクラブを短く持つ習慣を付けることによって安定したアプローチができます。ボールの軌道も低く抑えられ、風の影響も少なくする事ができます。"

アプローチの距離感を身体で覚える

thum 904_taylormade_

アプローチを練習するためには、残りの距離に応じた打球の打ち方の使い分けが必要です。ゴルフの初心者の方に多いアプローチの方法は、とにかくクラブを長く持ってショットを行うという方法です。

しかし、同じようにショットを行ったとしても、クラブを持つ長さによってボールが飛ぶ長さは大きく変わるので、残りの距離に応じたクラブの持ち方を覚える必要があります。
残りの距離が10ヤード伸びるごとに、10センチほどクラブを長く持つことを基本として、身長や腕の力に合わせて微調整を行うアプローチの練習が効果的です。

ボールを投げて転がるところをイメージしてみる

thum schiwitzerland

アプローチを練習するときには、実際にクラブで打球を打つことも大切ですが、グリーンの上でどのようにボールが転がるかは状況によって変わります。そのため、グリーンの種類や傾きを目で見て、どの位置にボールを落とせば穴に近づくのかをイメージすることが大切です。

実際に、理想的だと思われる位置にボールを手で投げて見て、どれだけ目的の位置に近づいたかを記憶しておくことによって、そのグリーン上でのベストな落下点を把握する事ができるようになります。グリーンでのボールの転がり方の特性を掴む事が大切です。

アプローチでは手首を動かさないようにしよう

thum ieva1017

アプローチの段階で、初心者はボールの方向を微調整するために手首のスナップをきかせてしまう事が多いです。しかし、ゴルフクラブがボールに当たる瞬間に手首が動いてしまう事によって、全く違う方向にボールが飛んでしまう危険性もあります。

また、手首に意識を集中するあまりに、最も大切な距離感を疎かにしてしまうというケースも頻発しているのです。目標地点に近づけることがアプローチの最大の目標ですので、ボールにクラブが当たる瞬間は手首をしっかりと固定する事を意識すると、安定した位置にアプローチを行う事ができます。

今回紹介した4つのポイントを確認し、アプローチを成功させましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

2.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

3.「意外な上達テクニック!片手打ちでゴルフが上手くなる理由とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1168/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る