thum golfchannel

thum golfchannel

初心者必見!ゴルフのひっかけになる2つの原因

「ひっかけ」は、意図せずボールが左に飛ぶミスショットです。ひっかけは初心者が陥りやすいミスで、フェースの向きとスイング軌道を改善できれば、直ります。今回は、ひっかけの原因をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

そもそも「ひっかけ」とは?

thum golfchannel

「ひっかけ」は、打ったボール左に飛び出すミスショットです。ボールが意図せず左に曲がる「フック」と似ていますが、原因は少し異なります。

ひっかけは、ボールに右方向から左方向に抜ける力がかかることで起こります。

・フェース(クラブヘッドのボールに当たる面)が閉じている(左を向いている)とき
・真上から見て、ボールの外側から入り、内側に抜ける(アウトサイドイン)スイング軌道のとき

上の2つの場合、ボールに左方向の力がかかり、ひっかけが出やすいです。
そもそも「ひっかけ」とは?

原因1:フェースが閉じていること

thum golfchannel

フェースが閉じた状態でインパクト(クラブヘッドとボールが当たる瞬間)を迎えると、ボールは左斜め前に押し出され、ひっかけになりやすいです。

フェースの向きは、グリップの握り方とボールの位置に影響されます。左手の甲を上にする「ストロンググリップ」という握り方は、スイング中に自然にフェースが閉じるため、ひっかけが出やすいです。

また構えた時、ボールが左足により過ぎていると、ひっかけが出やすいです。スイング軌道を真上から見ると、フェースが「開いた状態」「正面」「閉じた状態」の順で弧を描きます。ボールが左足寄り過ぎると、フェースが閉じた状態でボールに当たります。

原因2:アウトサイドインのスイング軌道

thum golfchannel

アウトサイドインのスイング軌道は、ひっかけとスライス(ボールが意図せず右に曲がるミスショット)、両方が原因です。

アウトサイドインのスイング軌道でフェースが閉じていると、ボールは左斜め前に押し出されます。アウトサイドインのスイングを、内側から入り内側に抜ける「インサイドイン」の軌道に修正することで、ひっかけを直せます。

また、アウトサイドインでフェースが正面を向くと、ボールに右回転がかかりスライスになるので注意が必要です。

まとめ

thum masenividja

ひっかけの原因は、「フェースが閉じていること」「アウトサイドインのスイング軌道」です。「グリップの握り方」「ボールの位置」で、フェースの向きが変わり、ボールの飛ぶ方向が決まります。また、アウトサイドインの軌道は、ひっかけとスライス両方の原因なので、注意しましょう。

ひっかけは、初心者が陥りがちなミスショットです。ひっかけがなくなれば、ティーショットや第2打で狙い通りのショットを打て、スコアアップにつながります。ひっかけの原因を潰し、ミスショットを減らしましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ドライバーのプッシュアウトの原因と直し方まとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1130/

2.「左利き(レフティ)でゴルフはできる?右利きとの違いまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/157/

3.「初心者必見!ゴルフのヘッドスピードを上げる4つの方法」
http://golf-plus.jp/articles/detail/172/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る