thum

thum

初心者必見のゴルフの基本マナー【コース編】Part2

ゴルフにはコースをいたわるマナーもありますが、立ち振る舞いについてのマナーも多いです。今回はコースを回る際の立ち振る舞いのマナーをまとめました。

2015-07-29 04:48:27

ほかのプレーヤーに対する心くばりgolfplus

thum

ゴルフは技術以上に集中力が必要なスポーツといわれています。そのため、むやみに動く、話し合うなどの不必要な音を立てる、視界をちらつかせてしまう影を作るといった行為は、ほかのプレーヤーのプレーの邪魔になるのでしてはいけません。

また、ほかのプレーヤーがプレーを始めようとしているときに、プレーヤーはそのプレーヤーの球の近くや真後ろ、あるいはホールの真後ろに立ったりしてはいけません。

スロープレーは厳禁golfplus

thum

ゴルフ場では、自分たち以外の組もゴルフを楽しんでいます。そのためスロープレーではなくプレーファストを心がける必要があります。

1ホールあたり2時間10分~2時間30分かかるので、それ以上の時間をかけないようにしましょう

試合の進行を滞らせないために、プレーヤーは自分たちのプレーする順番になったらすぐにプレーを開始できるように準備する、次に使用するクラブを決めておく、ボールを打ったあとはキビキビと動くようにしましょう。

また、ホールアウトしたらすぐ次のホールへ移るほか、素振りを4~5回してプレーの進行を滞らせないこともプレーファーストには重要です。

安全第一golfplus

thum

プレーヤーはストロークや練習スイングをする場合、近くに誰も人が立っていないか、クラブやゴルフボール、石、砂利、木の小枝などが当たりそうな場所に人がいないかどうかを確認する必要があります。マナーだけでなく安全にゴルフを楽しむために必要です。

また打ったボールが誰か人に当たる危険性がある方向に飛んでいった場合、プレーヤーはすぐに大声で危険を知らせる必要があります。掛け声は伝統的に使用されている「ファー!」です。

コースの保護golfplus

thum

プレーヤーは練習スイングなどでディボット(※1)をとったり、クラブヘッドを叩きつけてコースを傷つけたりしては行けません。コースの芝を傷つけてしまった場合は速やかに直すようにしましょう。

目土(※2)をしないとコースが穴だらけになり、プレーに支障をきたす場合があるので、しっかりと行うようにしましょう。目土をする場合の砂はティーグラウンドに置いてある場合が多いので、バケツに入れて目土をします。

また、ゴルフカートの走行についての注意事項は厳格に守るようにするのがマナーです。守らなければコースを不必要に傷つけてしまうおそれがあります。

※1 ゴルフボールを打つときのクラブヘッドで削り取った芝の断片のこと
※2 コースを傷つけてしまった時、砂を埋めて平らにならすこと

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG マナー 基本 コース
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る