thum

thum

飛距離に関係する?ゴルフのキャリーってなに?

ゴルフのキャリーとは、ボールを打ってから地面に到達するまでの距離のことです。理想的なキャリーとは地面に到達した後もボールが転がる勢いを保てる角度であるべきです。そのようなランまで意識したキャリーにするための方法をご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

飛距離とキャリーの関係

thum

ゴルフのキャリーは飛距離を左右します。キャリーとは、ボールを打ってから地面に到達するまでの距離のことを言います。実際のボールは地面に落ちてから転がりますので、キャリーそのものがトータルの飛距離を表すわけではありませんが、飛距離を伸ばす上で、キャリーはとても重要といえます。

キャリーに関係する要素はいくつかあります。そのうちの一つは、打つ瞬間のインパクトによって決まる初速です。当然打ちだされる速度が速いほうが、飛距離を伸ばすことができます。そのためには、しっかりとした体重移動と、インパクトの際にヘッドのどこで打っているか、打ち出し角度が関係します。

さらには、ボールのスピン量も関係するのですが、最適な条件を見つけるには、そのコースの特徴や自然環境をよく理解して選択していく必要があるでしょう。

飛距離とキャリー

thum

飛距離を伸ばす上でキャリーと、地面にボールが到達した後転がる距離であるランについて理解しておきましょう。
ランでもうまくいけばかなりの距離を稼ぐことはできますが、コースの特徴やその時の自然の条件など、自分の力ではコントロールしきれないところが多々あります。それで、自分の打ち方である程度コントロールしやすいキャリーを理想的なものに近づけるのが、飛距離アップの上では効果的といえるでしょう。

滞空時間と飛距離の関係

thum

キャリーを伸ばすためには滞空時間を長くすればいいと思われるかもしれませんが、実際はそうではありません。
もし高く打ちあがってしまいすぎると、滞空時間は長くなるかもしれませんが、上空の風で押し戻されてしまって、初めに伝えたパワーが飛距離に貢献してくれなくなります。また、高く上がるとそれだけ角度がない状態で地面に到達することになりますので、ランを稼ぐための勢いもなく、落ちたところがほぼそのまま飛距離となってしまいます。

キャリーを意識するあまり、必要以上に高く打ち上げてしまわなように注意しましょう。高く上げすぎるよりは、かなり低い弾道で打ったほうが、ランを伸ばすための勢いがありますので、キャリーの滞空時間が全然なくてもトータルの飛距離としては伸ばせるかもしれません。

理想的な弾道

thum

では、キャリーの理想的な弾道とはどのようなものでしょうか。ランのことを考えると、地面に当たるときの角度を意識するのが不可欠です。ある程度の滞空時間を稼ぎながら、ランでの距離も稼げる角度、つまりできるだけ水平にボールを地面に落とせる角度ということです。

この角度をつかむため、まずは自分の弾道を記録してみましょう。だいたいの平均がわかれば、それを基準に調整していけばいいわけです。
例えば、滞空時間があり、そこそこナイスショットに見えるものの、ランが伸びていない場合、もう少し低い弾道が理想かもしれません。この弾道をスイングで調整するのはなかなか難しいので、ティーの高さを微調整することで違いを見てみましょう。高く上がり過ぎているのであればティーを低めに設定すれば過度なアッパースイングで高く打ち上げてしまうことを防げますし、低すぎるようであればティーを高めに設定すれば適度なアッパースイングでのインパクトができるように微調整されます。

あとは、今までと同じスイングで打ってみましょう。ある程度の滞空時間とランの勢いがつく角度、それが理想的なキャリーにつながるといえます。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る