thum ajuscogolf

thum ajuscogolf

初心者必見!ゴルフのすくい打ちの2つの矯正方法

高く打ち上げたいという思いからすくうように打ってしまう「すくい打ち」。しかし、体重移動が上手くいかずダフリをしてしまったり、飛距離がなかなか伸びないなど大きなミスにつながってしまいます。初心者にも簡単に出来るすくい打ちの矯正方法をご紹介。

2017-02-20 00:00:00

何故、すくい打ちをしてしまうのか

thum confidentgolfer

すくい打ちは、すくい打ちをしたくてやっている人はほとんどいないでしょう。大抵の人が、高く遠くへ飛ばしたいという気持ちからすくい打ちになってしまっていることが多くみられます。

ボールを上げなくてはという思いから、どんどん正しいスイングからズレていき、悪い癖のついたスイングへとなってしまいます。また、ダウンスイング時に伸び上ってしまうことで、クラブヘッドの位置が浮いてしまいボールが浮き上がってしまいます。

初心者のひとは、長年の癖がついているわけではありませんから、癖が身についてしまう前に矯正しておきましょう。

スイングを見なおしてみよう

thum golfspymbp

いま現在、自分の打ち方を再度確認をする必要があります。自分は飛距離もあるしダフリもないからすくい打ちになっていないだろうと思っている人でも、すくい打ちをしている可能性だってあります。

そこで、いま一度自分のスイングを確認して正しいスイングをしているかを確かめる必要がありますね。

自分の姿を撮影して、上級者に見てもらったり、写真を見ながらプロ選手や上級者のスイングを比較してみる。また、すくい打ちをしている人の映像と比較してみるとわかるかと思います。

すくい打ちをしているようであれば、さっそく矯正方法を試してみましょう。

ロフト角を知ること

thum naturalborngolfer

ティーアップする時に使用するドライバーにはロフト角というものがあります。ロフト角はクラブを選ぶ際に、ほとんどの人が確認しながら選ぶかと思います、初心者には飛距離などの数値をみてもなかなかピンときませんよね。

ボールを高く上げたいという思いから、下からボールをすくい上げるように打ってしまいがちですが、ロフト角がついているので、わざわざ下からすくい上げるように打つ必要はありません。

ゴルフクラブを横から当てるようなイメージで打っていくのみです。
高く上げたいから、下から打った方がいいなど思わず、いつもと同じように打てばいいのです。

気持ちだけ先走らず、ロフト角に身を託すイメージで最初に教わった正しいスイングで打つようにしましょう。

体重移動をしっかりと!

thum the_wandering_greek

高く打ち上げたい、飛距離を伸ばしたいと考ながら打つことで、無意識のうちにスイングが崩れ体重移動が上手くいっていないときありませんか?

すくい打ちをしている人は右足に体重が残りやすい傾向があります。体重がうまく左足に移動していると、力強いボールを打つことが出来るようになります。

まずは、
①いつも打つようにスイングを始めますが、トップで一度停止します。
②ダウンスイングを始めるときに、右足に体重をかけ、左足を少しだけ浮かせます。
③そして、左足を踏み込むように体重を乗せながら振りボールを打ちます。

まずは、一つ一つ動作を確認しながら、体重移動がしっかりできているかを確認しながら、ボールなしで試してみて、下半身の動きを意識しながら練習してみましょう。

練習を重ねることで、すくい打ちをしてしまうスイングから正しいスイングへと戻ることが出来ます。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る