• ホーム > ゴルフの基本 > 距離が変わることでスコアが上がる!?ゴルフのアドレス時のボールとの距離

thum d.joo_stacie

thum d.joo_stacie

距離が変わることでスコアが上がる!?ゴルフのアドレス時のボールとの距離

アドレス時のボールと体との距離は人によって様々です。ボールとの距離を正しくすることで、スイングが安定し、ボールを狙った方向へ打ちやすくなります。今回はゴルフのアドレス時のボールとの距離いついてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

ボールの位置の基準はかかと

thum mjkim0824

ボールとの距離を測る前に、ボールの位置を決めなければなりません。ボールの位置を決める際、かかとが基準です。つま先を基準にした場合、スイング時はつま先を状況に応じて動かすため、スタンスからボールがはみ出してしまいます。つま先を閉じて構えボールを構えた際、ボールの位置は右に寄ってしまいます。

ボールの位置を左かかとの延長線上にあるよう構えましょう。練習時も意識してかかとを基準にすることでラウンドでもかかとを基準にしてボールの位置を決められます。

ボールとの距離は人によって異なる

thum ginacigar

ボールとの距離は個人差があります。距離はグリップや持ち玉によって異なり、自分と合った距離を見つける必要があります。左から右に曲がるフェードボールを打ちたい場合は、左親指をグリップに押し付けるとフェードが打ちやすくなります。どのようなボールを打ちたいか、そういった基準で適正な距離を決めていくと良いでしょう。

基本のボールとの距離は、前傾姿勢を保ち、膝を少し曲げアドレスの体勢を作った後に腕を自然に下ろして少しボール寄りでグリップできる位置が多くの方に適正な距離感です。

右手でクラブを持って目標方向を見て決めるのはNG

thum ll_whyman

右手でクラブを持ち、目標方向を見てボールとの距離を測ることはやめましょう。目の高さが目標を見た時、ボールを直視したときで変化し、毎回ボールの距離感が変わってしまいます。また、ボールに合わせた時と握り直した時ではボール距離感が変わり、立つ位置もやり直さなければなりません。

右手でクラブを持ち、目標方向を見てボールとの距離を測った際、クラブヘッドの面であるフェースの向きのみ、目標地点と結び合っています。フェースの向きのみ結び合っている場合、インパクトの力が入る位置にボールがなく、スイング時にボールに当てに行く動きになります。

両手でグリップを握り目標方向を見る

thum oh_amvets

ボールとの距離の決め方は、両手でグリップを握り目標方向を見ながら決めましょう。両手でグリップを握り、ボールの後ろから目標地点の設定するのが重要です。歩きながらボールに近づき、ボールに対して自分が平行に立ちます。ボールに対して平行に立った後は、上からクラブを垂直に落とします。

ボールに平行に立っていれば、クラブを垂直なので、ボールとの距離を測りやすくなります。

ボールと体の距離はスイング時に重要です。今回紹介したポイントを確認して、ショットを成功させましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフ上達のポイント!スイングの前倒しってどんなこと? 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1048/

2.「飛距離を伸ばしたいなら…!ゴルフで前傾維持が大切な理由とは 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1205/

3.「アプローチで便利!ゴルフのオープンスタンスってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/436/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る