thum

thum

球筋に影響がある!?ゴルフクラブの太さによる性能差

ゴルフクラブを選ぶ一つのポイントとして、グリップの太さを基準にするという方法があります。自分に合った太さのグリップを選ぶことでスコアの向上に繋がります。今回はゴルフクラブのグリップが細いものと、太いものとの性能差や自分のグリップの太さを実際に確認する方法についてまとめました。

2017-01-07 04:36:33

グリップの太さと「球筋」は変えられる??

thum

グリップの太さは打球の球筋と深い関係があります。通常、グリップは太すぎると手首が使いづらくなり、右に曲がるスライス気味の球筋が出やすくなります。逆にグリップが細いと左に曲がるフック気味の球筋が出やすくなります。そのため、自分に合う太さのグリップを選ぶ事も重要ですが、自分の球筋を見ながら、どんな球筋のボールが打ちたいのかを決めてからグリップの太さを決定するのもグリップを選び方の1つです。

グリップを選ぶ際はまず、グリップの内側(もしくは底面)を確認してみましょう。グリップサイズは普通、その場所に明記されているはずです。たとえば裏側に「M60」との記載がある場合はメンズ用の0.60インチ、L58であればレディース用の0.58インチであることが分かります。

グリップが太いゴルフクラブの性能とは?

thum

グリップが「太い」クラブは手首のリストワークを抑えるという特徴があるため、ボールが右方向へ飛ぶスライス気味の球筋が出やすくなります。もし、球筋がフック気味の人でスライスを修正したいという方はグリップを太くすることでスライスの曲がり幅を抑える事ができるでしょう。

また、太いグリップはボールがヘッドの芯に当たるミート率や方向性が良くなるとも言われています。したがって上手にボールコントロールしながらコースを攻めたいという方、方向性を何よりも重視しているという方はグリップが太めクラブをチョイスすると良いでしょう。ただし、太いグリップはあまりに大きさを変えすぎてしまうとバランスが崩れ、ヘッドの重さが感じにくくなるのでご注意下さい。

グリップが細いゴルフクラブの性能とは?

thum

クラブのグリップが細ずぎるとフック気味の球筋のボールが出やすくなります。スライスに悩んでいるという方は「細い」グリップが挿入されているクラブを選ぶと球筋を修正できるかも知れません。

また細いグリップはスイング時に手首を返しやすく、太いグリップと比べ、比較的、飛距離が伸びやすいと言われています。ただし、あまりに軽くし過ぎるとバランスが崩れ、クラブヘッドがを重く感じることもありますので差し替えなどの際はご注意下さい。細いグリップは太いグリップに比べ、手首のスナップやフェース面の操作性を積極的に使っていきたいゴルファーにとっては向いているグリップです。ショートゲームなど、繊細な距離感が必要となるSWやAWなど、アプローチで自分の持ち味を出していきたいという方は細めグリップがおすすめです。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「重い方が良い?パターの重さとストローク安定の

グリップの太さは握った時のフィーリングで決めるのがおすすめ!

thum

ゴルフクラブのグリップの内側(もしくは底面)にはM58・M60・M62などと印字されています。アルファベットは「M」は男性、「L」は女性を表しており、数値はグリップの内径を表しています。M58は肉厚で、装着するとグリップは太く仕上がります。逆にM60・M62と 数字が大きくなるごとと薄肉になり、グリップは細くなります。

自分にとって、ちょうど良いグリップの太さは親指と人差し指を除く手のひらが軽くグリップに触れる状態でそっと握ってみると確認できます。この時、グリップが細すぎるとしっかりと固定するために強く握らなければならず、丁度いい時はあまり力を入れずともクラブを支えられるはずです。(なるべく素手で触れるのではなく、プレー時に近い状態にするため、グローブを着用して確認するようにしましょう。)

また、持ち前の「握りくせ」を基準に選ぶ際は手のひらで握る人は太いグリップ、指で握る人は細いグリップを選ぶと手にフィットし易い傾向があるようです。グリップの太さは球筋にも強い影響を与えます。自分の球筋に悩んでいるという方はグリップを思い切って変えてみるのも良いでしょう。

なお、国内外の人気グリップメーカーは以下の通りです。興味がある方はクリックしてみて下さい。

▼ゴルフプライド
http://www.fawick.co.jp/gp/

知る人ぞ知る、国内外で高い人気を誇るグリップメーカー。国内のクラブメーカーとの取引実績も豊富で国内に流通している多くのドライバーやアイアンに、ここのメーカーのグリップが広く採用されている。

▼ナンバーワングリップ
http://www.nowon-no1grip.com/

プロやトップアマなど上級者を中心に、ここ数年で一気に認知度が広まったゴルフグリップ。雨に濡れても密着感を損なうことなく使用できるのが、最大の特徴。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

GolfPlus編集部

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

GolfPlus編集部の公式アカウントです。

>GolfPlus 公式Facebook
>GolfPlus 公式Twitter

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る